北朝鮮が核実験 短距離ミサイル3発も(朝日新聞2009年5月25日夕刊)

 
 【ソウル=牧野愛博】北朝鮮は25日午前、「自衛的核抑止力を強化するための措置の一環として、25日に地下核実験を成功裏に実施した」と発表した。国営朝鮮中央通信が伝えた。核実験は06年10月9日以来、2度目。前回と同じ北東部の咸鏡北道(ハムギョンブクト)吉州郡(キルジュグン)豊渓里(プンゲリ)の付近とみられ、日本の気象庁など各国の観測機関が地震を感知した。日米を始め国際社会は反発を強めており、国連安全保障理事会は25日(日本時間26日早朝)に緊急会合を開き、対応を協議する。

 経済的に困窮し、最高指導者の金正日(キム・ジョンイル)総書記の健康不安を抱える北朝鮮は、オバマ米政権との直接対話を求めてきた。4月5日には長距離弾道ミサイルを発射したが、国際社会での孤立は強まる一方で、核実験という最も強硬な対応に踏み切った。韓国政府によれば、北朝鮮は実験直前に米国に通報したという。

 同通信は核実験の規模については触れていない。韓国国防省によると、25日午前9時54分ごろ、豊渓里を含む北朝鮮咸鏡北道吉州郡でマグニチュード(M)4.4の地震を感知したという。前回核実験ではM3.9を観測したとしている。韓国政府関係者は「初期的な核実験には成功したと言えるだろう」と語った。

 同通信は今回の核実験について「新たな高い段階で安全に実施した」と説明。「今回の核実験の成功は、わが軍隊と人民を大きく鼓舞している。国と民族の自主権と社会主義を守り、朝鮮半島と周辺地域の平和と安全保障に貢献することになる」と主張した。

 韓国政府によると、北朝鮮は06年当時、豊渓里の実験場内の東西に核実験用の水平型トンネルを各1本準備し、前回の核実験では東側のトンネルを使った。韓国政府は今年3月から、北朝鮮が西側のトンネルを拡張したり、トンネル付近に建造物を新築したりする動きをつかみ、米国に通報。今回の実験ではこの西側のトンネルを使ったとみている。

 また韓国国防省によれば、北朝鮮は25日午後0時8分、同5時、同5時3分に短距離ミサイルを発射した。1発目は咸鏡北道舞水端里(ムスダンリ)付近から射程130キロ程度の地対空ミサイルが発射された。2、3発目は地対艦ミサイルとみられる。

 6者協議を通じて08年6月に申告した北朝鮮の核計画によると、同国は兵器用のプルトニウムを計38キロ生産。このうち、26キロを核兵器化した。北朝鮮の技術水準では核兵器1個に4〜8キロのプルトニウムが必要とされる。

 北朝鮮の外務省報道官は4月14日、国連安保理が弾道ミサイルの発射を非難する議長声明を全会一致で採択したことを受け、核問題をめぐる6者協議からの離脱とともに「自衛的核抑止力の強化」を進めると宣言した。

 さらに安保理の制裁委員会が北朝鮮の3団体を資産凍結の対象に指定すると、外務省報道官は同月29日に「安保理が即時謝罪しなければ、核実験や大陸間弾道ミサイルの発射実験を含む追加的な自衛措置をとる」との声明を出し、一連の動きの中で初めて核実験の実施に言及していた。

核実験、米中に事前通報 爆発規模は長崎原爆並みか(朝日新聞2009年5月26日)

 【ソウル=牧野愛博、ウィーン=玉川透】韓国の李相憙(イ・サンヒ)国防相は25日、国会国防委員会での答弁で、北朝鮮による核実験の爆発規模がTNT火薬換算で5〜20キロトン程度になるとの見方を示した。20キロトンは長崎原爆と同等の規模で、韓国政府関係者は「初歩的な核実験としては成功した」と語った。同政府によると、北朝鮮は実験直前に米国に通報したという。中国にも通報していたとみられる。

 韓国国防省によれば、25日午前9時54分ごろ、北朝鮮咸鏡北道(ハムギョンブクト)豊渓里(プンゲリ)の核実験場を含む同道吉州(キルジュ)郡でマグニチュード(M)4.4の地震を感知した。前回核実験ではM3.9を観測したとしている。

 核実験の監視データを集約している包括的核実験禁止条約(CTBT)機関準備委員会のトート事務局長は25日、核実験が行われた際に放出される放射性物質について「まだ検出されたという結果は出ていない」と述べた。

 韓国政府によると、北朝鮮は06年に初めて核実験をした当時、豊渓里の実験場内の東西に核実験用の水平型トンネルを1本ずつ準備し、前回は東側のトンネルを使った。今回は西側のトンネルを使ったとみられるが、韓国政府は3月から、北朝鮮が西側トンネルを拡張したり、付近に建造物を新築したりする動きをつかみ、米国に通報していた。

 李国防相によれば、同政府は、北朝鮮が声明で核実験に言及した4月29日の時点で、実験までに2〜3カ月ほどかかると分析。後に「1〜2カ月後」と修正したが、25日に核実験を行うことまでは予想していなかったという。

 韓国国防省によれば、北朝鮮は25日正午過ぎと午後5時ごろ、短距離ミサイルを計3発、日本海へ向け発射した。

米中ロ、北朝鮮核実験を非難(朝日新聞2009年5月26日)

 北朝鮮による地下核実験を受け、国連安全保障理事会はニューヨークの国連本部で25日午後4時(日本時間26日午前5時)から緊急会合を開く。北朝鮮に対し、追加制裁を含めた厳しい対応で一致できるかが焦点。なかでも北朝鮮の友好国とされ、今月の安保理議長国のロシアと6者協議の議長国・中国の動向が注目されるが、米中ロは25日、相次いで北朝鮮を批判した。

 国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長も同日、訪問先のデンマークのテレビ局とのインタビューで、北朝鮮の核実験が確認されれば、「(実験禁止を定めた)安保理決議1718への明らかな違反だ」と述べ、強い懸念を表明した。

 06年10月の最初の核実験を受けて安保理が採択した制裁決議は、北朝鮮に対し、再実験の自制や核計画の完全な放棄を求めている。「人工衛星」名目の打ち上げで決議違反か否かの判断が割れ、最終的に議長声明にとどまった4月のミサイル発射時と異なり、今回の核実験が決議違反であることに議論の余地はない。このため日米などは決議採択を前提に、北朝鮮への圧力強化に慎重だった中ロと交渉を進める方針とみられる。

 オバマ米大統領は25日午前、ワシントン市内で演説し、北朝鮮による核実験を「世界の平和と安全への重大な脅威だ」とし、「北朝鮮の無謀な行動を強く非難する。明確な国際法違反だ」と述べた。オバマ政権はこれまで直接協議も視野に「対話」路線を模索してきたが、当面、「圧力」に軸足を移す見通しだ。

 中国外務省も「北朝鮮が国際社会の反対をあまねく無視し、再び核実験を実行したことに、中国政府は断固として反対する」との声明を発表した。声明は「北朝鮮が非核化の約束を守り、情勢をさらに悪化させるような関連する行動を停止し、再び6者協議の軌道に戻ることを強く要求する」と主張した。

国連事務総長が「強い遺憾」声明 北朝鮮の核実験に(朝日新聞2009年5月26日夕刊)

 【ニューヨーク=松下佳世】北朝鮮による核実験を受け、国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長は25日、核実験が「明確で深刻な安保理決議違反」であるとして、「強い遺憾」を表明する声明を発表した。

 声明は、今回の北朝鮮の行動が、「地域の平和と安定に悪影響を与えることを深刻に懸念している」として、「地域の緊張を高めるさらなる行動」を自制するよう求めた。決議の完全な順守や6者協議の早期再開も強く主張した。

 また、25日午後(日本時間26日午前)から緊急会合を開く国連安全保障理事会が、朝鮮半島の非核化と地域の安定に向けて、「一致した強いメッセージを出すと信じる」と述べた。


ニュース見出し