クリントン元大統領、金総書記と会見 引き渡し要求か(朝日新聞2009年8月5日)

 【ソウル=牧野愛博、ワシントン=村山祐介】訪朝しているクリントン元米大統領は4日、北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記と会談した。国営朝鮮中央放送の報道としてラヂオプレスなどが伝えた。クリントン氏は会談で、拘束されている米国人女性記者2人の解放を求めたとみられる。北朝鮮の核問題や米朝関係の改善などについても会談で取り上げられた可能性がある。

 同放送によると、会談で2人は「共同の関心事となる諸問題について幅広く意見交換した」とし、クリントン氏は金総書記にオバマ大統領の口頭メッセージを伝達、金総書記は謝意を表し、クリントン氏の訪問を歓迎したという。

 「共同の関心事」の詳細は不明だが、米国人記者の解放に加え、核・ミサイルや6者協議、米朝関係の改善をめぐる問題も含まれている可能性がある。一方、ロイター通信によると、ホワイトハウスのギブズ大統領報道官は4日、オバマ氏からのメッセージの伝達について「真実ではない」と否定した。

 元米大統領による訪朝と北朝鮮最高指導者との会談は、94年6月に金日成(キム・イルソン)国家主席と会ったカーター氏以来、2人目。また昨年夏に健康悪化が伝えられた後、金総書記が外国要人と会談したのは、1月の王家瑞・中国共産党対外連絡部長以来、2人目。国営朝鮮中央テレビは4日、クリントン氏や金総書記が写った写真を放映した。

 会談には、北朝鮮側から姜錫柱(カン・ソクジュ)第1外務次官と朝鮮労働党の金養建(キム・ヤンゴン)部長が同席した。会談後、金総書記らが出席して国防委員会主催の夕食会も開かれた。同放送によると「温かい雰囲気の中で行われた」という。

 韓国政府関係者によると、北朝鮮側は、訪朝中の詳しい日程について事前に説明していないという。先週、拘束中の女性記者の家族と面会した韓国の千●元(●は王へんに基)牧師は4日、「クリントン氏は5日、2人を連れて北を出発するようだ」と語った。

 ギブズ報道官は、訪朝について「米国人記者2人を解放するための完全に私的な訪問であり、我々はコメントしない。クリントン元大統領の訪問の成功を妨げたくない」と語り、米政府としては表向き関与していないとの立場を強調した。米政府は事前に訪朝計画を日韓両国に伝えた。

クリントン元大統領が平壌出発 特赦の米2記者も同行(朝日新聞2009年8月5日夕刊)


 【ソウル=牧野愛博、ワシントン=村山祐介】北朝鮮を訪問していたクリントン元米大統領が5日、平壌を出発した。朝鮮中央通信が伝えた。楊亨燮(ヤン・ヒョンソプ)・最高人民会議常任副委員長と金桂寛(キン・ゲグァン)外務次官が見送った。

クリントン氏の報道担当者によると、金正日(キム・ジョンイル)総書記が特赦を指示した米国人女性記者2人も同行しており、一行を乗せたチャーター機は、記者2人の家族が待つロサンゼルスに向かった。

 記者は米カレントテレビの記者で韓国系米国人のユナ・リーさんと中国系米国人のローラ・リンさん。3月中旬、中朝国境で取材中、北朝鮮当局に拘束され、6月に労働教化刑12年の判決を受けた。

 朝鮮中央通信は同日午前6時ごろ、英文ニュースで同様の記事を配信したが、午前8時前にいったん記事を取り消していた。

北朝鮮、拘束中の米2記者に特赦(朝日新聞2009年8月6日)


 【ソウル=牧野愛博、ワシントン=村山祐介】北朝鮮の朝鮮中央通信は5日、拘束されていた米国人女性記者2人の特赦を金正日(キム・ジョンイル)総書記が命じたと伝えた。同通信は金総書記とクリントン元米大統領との会談について「対話によって問題を解決することで一致した」とし、クリントン氏の訪朝を高く評価した。釈放された記者2人はクリントン氏とともに同日朝、平壌を出発。一行を乗せた飛行機は米軍三沢基地で給油し、記者の家族らが待つ米ロサンゼルスに向かった。

 特赦を受けたのは、米カレントテレビの記者で、韓国系米国人のユナ・リーさん(36)と中国系米国人のローラ・リンさん(32)。3月に中朝国境で取材中に北朝鮮当局に拘束され、6月に労働教化刑12年の判決を受けた。ロイター通信によると、オバマ大統領は2人の家族に電話で「安心した」と伝えた。

 クリントン氏ら一行が5日朝、平壌を離れる際には、北朝鮮の楊亨燮(ヤン・ヒョンソプ)・最高人民会議常任副委員長と金桂寛(キム・ゲグァン)外務次官が見送った。AP通信の映像配信部門APTNは、記者2人が飛行機のタラップを上がり、クリントン氏と握手する場面を放映した。飛行機は三沢基地に午前10時25分に着き、給油後、午後0時5分に離陸した。



ニュース見出し