北朝鮮、ウラン濃縮実験に成功と強調 国連安保理に書簡(朝日新聞2009年9月4日夕刊)

 【ソウル=牧野愛博】朝鮮中央通信によると、北朝鮮国連代表部は3日、国連安全保障理事会議長に対し、国連による対北朝鮮制裁に強く反発し、対話か対決かの選択を迫る書簡を送った。そのなかで北朝鮮側は、核爆弾の原料ともなるウランの濃縮試験が成功し、最終段階にあると強調した。

 米国のボズワース北朝鮮政策特別代表が3日から日中韓歴訪を始めたタイミングに合わせ、米朝直接対話を始めるよう、強く米国に迫る狙いがあるとみられる。北朝鮮は書簡で「朝鮮半島の非核化は米国の対朝鮮核政策と密接に関係している」と訴えた。安保理議長国は今月は米国。

 北朝鮮は過去、ウラン濃縮に必要な遠心分離器のサンプルや材料を輸入したが、動力のモーターなどを独自生産する技術はないとされる。ただ、大規模施設は不要で外部からの監視が難しく、詳しい実態はわかっていない。

 また書簡で北朝鮮は、兵器用プルトニウムの再処理が終わりつつあり、抽出されたプルトニウムの兵器化が進んでいるとした。

 安保理制裁委員会の措置については「要請に応じる必要性を感じない」とし、金融制裁や貨物検査には応じない姿勢を明確にした。そのうえで「対話にも制裁にも対応する準備ができている」「安保理が現状を持続させれば、さらに異なる自衛的な強硬対応措置をとらざるを得なくなる」とし、非核化には制裁の緩和が必要との考えを示した。

 これに対し、日米韓3カ国は制裁緩和には非核化措置が前提となるとの方針を確認している。北朝鮮が8月に入って取った米女性記者や韓国男性社員、韓国漁船員の解放など一連の関係改善措置について、非核化とは無関係と評価し、制裁を継続する構えだ。

 中国訪問中のボズワース氏は4日午後、ソウルに到着。週末にかけ、書簡の評価を含めた北朝鮮への対応策について韓国政府と意見交換する見通しだ。


ニュース見出し