NPT再検討会議(朝日新聞 2000年4月24日)
 

核が再び「危機の時代」へ進むのか。それとも廃絶への道を見いだせるか24日、米国二ューヨークの国連本部で始まる核不拡散条約(NPT)再検討会議は、今後数年間の核軍縮と核拡散の行方を決定的に左右する会合になりそうだ。5年前の無期限延長から初めて条約の運用を見直す機会になるが、核兵器を持つ国々への不満がかつてなく高まっている。波乱が予想される会議を展望した。

保有国対立で軍縮難航


 これまでのところ、ぴたりと当たっている。
 「NPT再検討会議が始まるまでに、ロシア下院は第一次戦略兵器削減条約(STARTU)を批准する。うまくいけば包括的核実験禁止条約(CTBT)も批准するだろう」 3月半ば。カーネギー国際平和財団モスクワセンターのアレクサンドル・ピカエワ博士はそう語った。
 

 ロシア下院は4月14日にSTARTUを、1週間後の21日にはCTBTを相次いで批准承認し、予測は的中した。


 ロシアのねらいは「核軍縮攻勢で米国に庄力をかけ、米本土ミサイル防衛(NMD)配備を思いとどまらせること」にある。NMDが配備されると口シアの核抑止力が低下するとの懸念があるからだ。


  ここまでは明るい予測だった。だが、その先についてピカエワ博士は表情を曇らせた。
  

 「再検討会議ではNMDに反対する口シア、中国が 米図をけん制するだろう。米国は夏にもNMD配備に関する決定を下す見込みで、再検討会議がNMD批判を展開する最後の国際舞台になるからだ」


  米国は再検討会議でNMD配備の手を縛られるつもりはない。核保有国間の食い違いで対立の溝が深まるようでは、「再検討会議は核唯縮で成果を残せずに終わりかねない」。
  

 1995年の再検討会議で核保有図は、「NPT無期限延長」という目標で足並みをそろえた。だが今回、NMDで利害が正面衝突すると、全会一致で核軍縮を進める会議の使命は危うくなりかねない。


  核保有国利害対立が核軍縮を妨げていることに、多くの非核国が不満を募らせている。


  [だまされた思いがする」。マレーシアのハスミ・アガム国連大使は語気を強めて語った。
  

 前回、無期限延長と同時に、核軍縮、核不拡散政策の道筋を描いた「原則と日標」が採択された。だが、そこに記されたビジョンはあり実現されないままだ。


 核軍縮の停滞に反発して、NPT離脱をほのめかす国がでてくるのではとの懸念がある。「マレーシアは離脱を表明する方針はない。だがそんな思いに共感できるほどどのいらだちは我々も抱いている」
  

 波乱が再検討会議の結末になってしまうのかどうか。その分岐点は、核保有国がどこまで真剣に核軍縮に応じるか、にある。

「多数決で前進」思惑も 核廃絶めざす新アジエンダ連合
 

「私たちは、核兵器を廃絶できることを自ら示した。もっと多くのことが(核兵器の削減や廃絶に向けて)実行されるべきだ」。先月来日した南アフリカのズマ外相はこう強調した。


 核保有国が対立する中で、会議の流れを決定づけるグループとして注目されるのが、アイルランド、スウェーデン、南アフリカ、メキシコ、ブラジルなどで結成する「新アジェンダ連
合」だ(NAC)だ。


 98年にインド、パキスタンが核実験を強行した直後、「核兵器のない世界に向けて−新しいアジェンダの必要性」を唱える8カ国外相共同宣言を発表して登場した。


 南アはひそかに開発した核兵器を捨ててNPTに加わった。スウェーデン、ブラジルはかって開発を真剣に検討した国だ。その主張はおのずと重みを持つ。
  

 「核保有国は核兵器の廃絶に、速やかで明確な行動を」 「核兵器が安全保障政策の中で担う役割を減らそう」と主張。その具体策として@戦術核兵器の削減A核弾頭を運搬手段からはずすB核兵器について透明性を高める−などを掲げた昨年の国連総会決議は、111カ国の支持を集めた。
 

 グループはできるだけ多くの国を結集して、95年の延長会議で合意した「原則と目標」をさらに具体的に詰め、核軍縮を推し進めたいと考える。ミサイル防衛計画をめぐる核保有国の対立を核軍縮への機会に変えようと模索中だ。
 

 「新アジェンダ連合が必ず新しい提案を出す。その内容は秘密にされている。だが、(軍縮志向の強い)カナダのような北大西洋条約機構(NATO)の国を抱き込む作戦に出るかも知れない」 (軍縮問題で権威ある英国アクロニム研究所のニコラ・バトラー上級分析員)

 一部には、対人地雷禁止を実現した「オタワ方式」にならい、有志の国々で核兵器禁止条約を作ろうとの意見がある。そうした流れを背景に、会議では全会一致による合意(コンセンサス)が得られなくても、多数決によって、核軍縮に向けて内容のある決定を出そうと試みるかも知れない。


ニュース見出し