「核兵器の時代に終止符を」 赤十字国際委、初の声明(しんぶん赤旗2010年4月22日)

赤十字国際委員会(ICRC)のヤコブ・ケレンベルガー委員長は20日、核不拡散条約(NPT)再検討会議を前に、ジュネーブ駐在の各国外交官に対する声明を発表、「今こそ世界の国々が核兵器の時代に終止符を打つ時だ」と述べ、ジュネーブ駐在の世界各国の外交官に対し「二度と核兵器が使用されることのない」よう訴えました。同委員会は、委員長が公式の場所で 核兵器問題について見 解を明らかにしたのは 初めてだとしています。

同委員長は、「国連 の安全保障理事会が 『核兵器のない世界』 を目指すことで一致し た事実や、米ロ大統領 が軍縮に向けた両国の 責任を再確認したこと で、核兵器廃絶へのま たとない機会が到来し た」と述べ、NPT再 検討会議の重要性を強調。

さらに同委員長は 「核兵器の使用を食い止めるには、国際社会が条約の枠組みの中で使用禁止と廃絶に向けて交渉し、それぞれが負っている現行の責務 を遂行することが必要 だ」と訴えました。

同委員長は、同委員 会が原爆投下直後の広 島に派遣した初の外国 人医師マルセル・ジュ ノー氏の手記を引用 し、原爆の惨劇を語 り、投下後5年間に直 接の爆撃で亡くなった 数の2倍から3倍もの 入々が死亡したことに言及。「65年以上たっ た今もなお、このような残虐な兵器を装備し 続ける社会自体が核攻 撃による犠牲を出す可 能性を高めている」と警告し、「広島と長崎 の惨劇は、将来における核の惨状そのもの だ」と語りました。

ケレンベルガー委員 長は、「赤十字国際委 員会は人道法の観点から1950年時点で既に警鐘を鳴らしている」と発言。「人類の 存亡そのものに対する 脅威という観点からも、核兵器は他の兵器とは異なる特異な存在である」と述べ、「核兵 器が使用された場合、 国際入道法の原則との 共存は難しい」と強調しました。


ニュース見出し