「核の時計」2分進む 55年前の振り出しに戻る(朝日新聞 2002年2月28日夕刊)


 世界の終末を午前0時と見立てた「核の時計」の針は、冷戦の終結で91年に17分前まで戻されたが、95、98年、そして今回と3回連続で進められた。

「核の時計」を管理するのは米科学誌「原子力科学者会報」。戦後まもない47年に登場したときは、今回と同じ7分前だった。 もっとも危うかったのは、米ソが水爆実験をしたことを受けての53年で2分前まで近づいた。

今回のマイナス材料として、核物質管理への懸念の増大、米国の弾道弾迎撃ミサイル(ABM)制限条約脱退、核兵器を持つインド・パキスタンの対立、核兵器取得を狙うテロリストの存在などを挙げた。

核保有国を含む187カ国が核不拡散条約(NPT)の下で、不拡散と核軍縮への取り組みを強める誓いを新たにしたことなど、プラス材料もある。しかし、マイナスの方が大きいと判断した。

毎年、核廃絶への進展を評価している世界的な反核運動「アボリッション(核廃絶)2000」が昨年初めて「0点」をつけるなど、核軍縮の行き詰まりと米国などの核回帰への懸念は高まる一方になっている。

 会報の担当者らは、時計の針を戻すために「米ロが10年までに核弾頭を千発以下に削減する」「交渉がまったく進んでいない兵器用核分裂性物質の生産禁止(カットオフ)条約の交渉を始める」ことなどを訴えていくとしている。

「核の時計」の推移(「運命の日」までの残り時間と背景)

47年 7分前(広島・長崎への原爆投下から2年、「核の時計」登場)
49年 3分前(ソ連が初の原爆実験)
53年 2分前(米ソが水爆実験)
60年 7分前(核戦争に反対する国際世論の高まり)
63年 12分前(米ソが部分的核実験禁止条約に署名)
68年 7分前(フランスと中国が核兵器保有)
69年 10分前(米上院が核不拡散条約の批准承認)
72年 12分前(米ソが戦略兵器制限交渉を開始)
74年 9分前(米ソの交渉が行き詰まり、インドが核開発)
80年 7分前(米ソの軍縮交渉行き詰まり続く)
81年 4分前(米ソが新型核兵器を開発)
84年 3分前(米ソが軍拡競争を加速).
88年 6分前(米ソが中距離核戦力全廃条約に署名)
90年 10分前(東欧の民主化進む)
91年 17分前(米ソが戦略兵器削減条約に署名)
95年 14分前(旧ソ連からの核物質流出リスク高まる)
98年 9分前(インドとパキスタンが公然と核実験)
02年 7分前(核物質管理懸念と米国の軍縮消極姿勢)



ニュース見出し