核兵器開発施設高いがん発症率−米政府認める(朝日新聞 2000年1月30日)  

 【二ューヨーク29日=共同】29日付の米紙二ューヨーク・タイムズによると、米政府は、核兵器開発施設の従業員が通常より高い確率でがんにかかっていたことを確認する調査報告書案をまとめた。正式な報告書は3月にまとめられるという。

 リチャードソン・エネルギー長官は同紙に「放射線被ばくで人々ががんになったことを政府が認めるのは初めて。これまで政府は寄り道をしてきたが、間違いだったと思う」と発言。政府が今後、がんで死亡した従業員の遺族らへの補償を迫られるのは必至。

 同紙によると、エネルギー省などは昨年から、第二次大戦中に始まった核開発の舞台となった研究所や工場の従業員の健康データなどを再検討。その結果、14の施設で、白血病をはじめとする22種類のがんが通常より高い率で発生していることを確認した。  

 がんになった従業員の総数は明らかではないが、政府高官の一人は数百人と推定しているという。  

 政府は昨年7月、核施設で用いられた軽金属のベリリウムが呼吸器系の病気を誘発したことは認めたが、核兵器の原料となる放射性物質とがんの因果関係は否定してきた。
       


ニュース見出し