大飯原発「再稼働妥当」 政権が安全性確認、地元要請へ関連(朝日新聞 2012年4月14日)

   定期検査で停止中の関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)をめぐり、野田政権は13日夜の関係閣僚会合で安全性を最終確認し、再稼働することが妥当だと判断した。これを受けて、枝野幸男経済産業相は14日に福井県を訪問し、再稼働を要請する。

 この日の閣僚会合では、関電が大飯原発に対してすでに実施していたり、計画していたりする安全対策が、6日の会合で決めた暫定的な安全基準を満たしているかどうかを確認。会合終了後、枝野氏は会見で「安全性の判断基準を満たす」と述べ、安全宣言をした。

 また、会合では関電管内の夏の電力需給についても検証した。原発が1基も再稼働せずに一昨年並みの猛暑を迎えた場合、揚水発電を増やすなど供給力を積み増しても、なお最大2割程度の電力不足に見舞われると判断。電力料金の値上げにもつながるとして、大飯原発の再稼働について「必要性が存在する」(枝野氏)と結論づけた。


大飯再稼働:政治決断「妥当」 経産相14日福井へ (毎日新聞 2012年04月14日)

 野田佳彦首相と枝野幸男経済産業相ら関係3閣僚は13日夕、定期検査で停止中の関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働問題について、首相官邸で6回目の協議を行い、再稼働を妥当と判断した。2基が政府の決めた「安全性の判断基準」を満たしていると最終確認し、関電管内の電力不足を緩和するために再稼働が必要と結論づけた。政府は14日に枝野氏を福井県に派遣し、西川一誠知事らに再稼働への理解を求める考えだ。

 会合終了後に会見した枝野氏は「(大飯原発の)3、4号機が三つの判断基準を満たしていることを確認した。非常に厳しいレベルの電力不足に直面していると言わざるを得ず、再稼働の必要性が存在すると判断した」と述べ、大飯原発の安全性と必要性を強調した。

 会合には藤村修官房長官、細野豪志原発事故担当相らが出席した。関電が9日に提出した中長期の安全対策の実施計画(工程表)などについて、政府の「安全性の判断基準」に沿っていると確認した。原発事故が発生した時の国と電力会社、地元自治体との連絡体制の強化などの取り組みも着実に進んでいるとした。

枝野経産相、大飯再稼働へ理解求める 福井知事と会談 (朝日新聞2012年04月15日)


 定期検査で停止中の関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働をめぐり、枝野幸男経済産業相は14日、福井県庁で西川一誠知事らと会談した。枝野氏は安全性と必要性が確認できたとして再稼働に理解を求め、西川知事は安全性確認の手続きに入る考えを伝えた。ただ、再稼働に反発する関西圏の自治体の理解を得る見通しは立っていない。

 枝野氏は「首相を含む4閣僚として、再稼働の安全性と必要性を確認した。政府の明確な判断としてお伝えする」と述べ、「再稼働は妥当」と判断した経緯を説明。そのうえで「日本社会・経済の現実を考えると、これまで基幹電源として電力供給を担ってきた原発を、今後も引き続き重要な電源として活用することが必要だ」と述べ、当面は原発をエネルギー政策の基幹に据える考えを伝えた。

 「脱原発依存」を唱える枝野氏が西川知事の前で後退したのは、再稼働への理解を得るため、原発の必要性を強調したものとみられる。


大飯再稼働:「福井の貢献理解されず」…知事が批判(毎日新聞2012年04月15日) 


 大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に向けた地元説得のため福井県入りした枝野幸男経済産業相は14日、西川一誠県知事らに協力を要請。「原発を今後とも重要な電源として活用することが必要」と明言し、再稼働への理解を求めた。しかし、西川知事は「立地地域の果たしてきた努力や貢献が必ずしも理解されていない」と国の姿勢を批判。「再稼働ありき」の予定調和で進む手続きに強く異を唱えた。【横山三加子】

 西川知事はまず「原発2基が安全性の判断基準を満たしている」と政府が確認した点については、「一定の回答」と評価した。その上で、安全規制についての県の取り組みをまとめた資料を枝野氏に手渡し、「原発立地の福井県に安全神話はなく、大臣には、こうした安全への努力の跡についてぜひともご理解いただきたい。これは福井県民はもちろん、消費地・関西一円の安全を守る努力でもあった」と強調。「電力消費地の理解がなければ再稼働について県民の理解を得ることは困難だ」と国に丁寧な対応を求めた。

大飯原発再稼働、首相「国民生活守るため」 会見で訴え(朝日新聞2012年6月9日)


 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に向け、野田佳彦首相は8日夕、記者会見を開き、「国民の生活を守るために、3、4号機を再稼働すべきだというのが私の判断だ。立地自治体のご理解をいただき、再稼働の手続きを進めたい」と述べ、福井県の同意が得られしだい、再稼働を決める考えを表明した。

 首相は再稼働の判断の根拠となる安全性について「1年以上の時間をかけて得られた知見を積み上げて確認した」と強調。そのうえで「3割の原子力発電をいま止めては、日本の社会は立ちゆかない。関西の15%という電力不足は昨年の東日本でも体験しなかった水準だ」として、再稼働への理解を求めた。

 また、立地自治体については「関西を支えてきたのは福井県、おおい町だ。立地自治体への敬意と感謝を新たにしないといけない」と述べた。

 会見は福井県の西川一誠知事の求めに応じたもの。会見を踏まえ、西川知事は再稼働に同意する意向で、政権は来週中にも大飯原発の再稼働を決める。




ニュース見出し