大飯原発3号機の原子炉起動 国内全停止から57日ぶり(朝日新聞2012年7月2日)


 関西電力は1日午後9時、大飯原発3号機(福井県おおい町)を再起動した。昨年3月の東京電力福島第一原発の事故後、定期検査に入った原発が再起動するのは初めて。一方、政府は夏の電力不足に備え、2日から沖縄電力をのぞく9電力会社の管内で「節電期間」をスタートさせる。

 国内の原発は、5月5日に北海道電力泊原発3号機が定期検査に入り、50基すべてが停止した。大飯3号機の再起動により、約2カ月で「原発稼働ゼロ」の状態が終わった。

 関電は1日午後9時、3号機の原子炉内で核分裂を抑えていた「制御棒」を抜き取る作業に入り、原発を再起動した。3号機の再起動は、昨年3月18日に定期検査に入ってから約1年3カ月ぶり。

 2日早朝には、核分裂反応が連続して起こる「臨界」になり、高温で水を沸騰させて蒸気を発生させる状態が整う。4日には蒸気でタービンを動かす発電が始まり、8日にも発電量はフル出力の118万キロワットに達する見通しだ。

 経済産業省の最終検査を経て、8月上旬には正式に「営業運転」として認められる。関電は、次の定期検査に入る来秋まで稼働し続けることにしている。

 また、政府の再稼働方針に沿って、3号機に続いて4号機も早ければ7月17日に再起動する。20日にも発電を始め、24日にもフル出力で稼働する見通しだ。

 政府は再起動からフル稼働までを「安全上重要な局面」と位置づけている。1日も牧野聖修経済産業副大臣が3、4号機の中央制御室で起動作業を見守った。

 一方、大飯原発の周辺では1日、再稼働に反対する市民ら200人近くが集まった。原発に向かう道路を封鎖していたが、夕方、福井県警が強制排除に着手した。関電の八木誠社長らは船で原発の敷地内に入った。(福間大介)

新宿で再稼働反対デモ 雨宮処凜氏ら4千人が参加(朝日新聞2012年7月2日)


 東京・新宿の新宿中央公園では1日夕、関西電力大飯原発の再稼働の撤回を求める集会が開かれた。参加した4千人(主催者発表)を前に、作家の雨宮処凜(かりん)さんは「経済よりも命の方が大事。再稼働を阻止しよう」と呼びかけた。

 その後、「再稼働反対」「野田(首相)はNOだ」などとシュプレヒコールをあげながら、JR新宿駅周辺をデモ行進した。69歳の母親が福島県浪江町出身というさいたま市の会社員、加藤純一さん(44)は「夏の電力不足は命にかかわるというが、その対策は何をしてきたのか。再稼働は言語道断だ」と話した。


再稼働ノーだ 官邸前 空前(しんぶん赤旗2012年6月30日)

「再稼働反対」の熱気が首相官邸をつつみました。大飯原発3号機の起動が来月1日に予定されるなか、29日におこなわれた「原発再稼働決定を撤回せよ」官邸前抗議行動。関東だけでなく北海道、岩手、福島、福井、長野、愛知、佐賀、長崎などからも自主的に人が集まり、主催者は約20万人が参加したと発表しました。大阪、京都、名古屋などでも連帯した行動が取り組まれました。

 この抗議行動は、首都圏反原発連合の有志がよびかけたもの。行動が始まる2時間近く前から人びとが列をつくりました。開始後も家族連れや背広姿の人など、続々と参加者が増え、ついには6車線ある官邸前の道路は全面通行止めとなり、人で埋まりました。見つめる先は一つ、首相官邸です。

 「料理教室の仲間4人で来た」「会社の後輩たちを連れて参加した」「前回は夫ひとりの参加だったが、きょうは親子3人です」など、人から人へのつながりが広がり、「再稼働を撤回するまで何度でも来ます」という人も。子ども連れの参加者のためのファミリースペースが設置されました。

 7月16日に開催する「さようなら原発10万人集会」(東京・代々木公園)呼びかけ人の落合恵子さん(作家)、鎌田慧(さとし)さん(ルポライター)も参加しました。




ニュース見出し