大飯・志賀原発、断層再調査へ 活断層なら停止・廃炉(朝日新聞2012年7月18日)

 関西電力大飯原発(福井県)の敷地内を走る断層が活断層である可能性が指摘されている問題について、経済産業省原子力安全・保安院は17日、専門家会合を開き、断層の再調査を関電に指示する方針を固めた。定期検査で停止中の北陸電力志賀(しか)原発1号機(石川県)も、原子炉建屋直下の断層が活断層である可能性が高く、北陸電に再調査を指示する方針。

 大飯原発では3号機が、東京電力福島第一原発の事故後、全国の原発で初めて再起動した。保安院は、再調査中は原発停止を求めないが、調査結果次第では停止しての大規模な工事が必要になり、今後の運転に影響するおそれがある。

 原発の重要施設は活断層の上に設置できないという国の基準がある。志賀原発の問題の断層は原子炉建屋直下にあり、活断層と判定されれば廃炉になる公算が大きい。再調査には少なくとも数カ月程度はかかるとみられる。

 大飯原発の断層は2号機と3号機の間を南北に走り、原子炉の直下ではないが、非常時の冷却水を通す非常用取水路が横切っている。断層面に動いた可能性を示す粘土があることや、断層の上の堆積(たいせき)物の年代が特定できないことなどから、専門家から「周囲の活断層が動く際に一緒に動く可能性がある」と指摘されていた。

 一方、志賀原発の断層は、1号機の原子炉直下を通り、長さ数百メートル。北陸電力は1987年の1号機の設置許可申請で、「浸食作用で生じた」として活断層ではないと説明。国は審査で活断層ではないと認めていた。だが、東日本大震災を受け、保安院が過去の資料を調べ直した結果、12万〜13万年前の比較的新しい時期に動いた可能性があることが判明した。

 この日、今後の方針を決めるために開いた専門家会合では、委員から「(大飯は)関電の資料では活断層の可能性を否定できない」との意見が続出。志賀も「典型的な活断層に見える」との指摘があった。

 これらの意見を踏まえ、保安院は、電力会社への再調査の指示を含めた対応を早急に検討する方針を示した。このほか、この日は北海道電力泊原発の敷地内の断層についても取り上げられ、検討を継続することになった。

 原発直下の断層については、日本原電敦賀原発(福井県)でも活断層である可能性が指摘され、原電が再調査を実施中だ。(小池竜太)


志賀原発直下に活断層か 保安院が再調査指示へ(朝日新聞2012年7月17日)

 定期検査で停止中の北陸電力志賀(しか)原発(石川県)の原子炉建屋直下の断層が活断層の可能性が高いことが、経済産業省原子力安全・保安院の調査でわかった。17日午後、専門家会議で意見を聴き、必要があれば北陸電力に掘削調査を指示する。原発の重要施設は活断層の上に設置できないとする国の基準がある。活断層と確認されれば基準に反し、志賀原発は運転できなくなる可能性がある。

 原子炉建屋直下に活断層の可能性が指摘されたのは、今年4月の日本原子力発電敦賀原発(福井県)に続いて2例目。

 問題の断層は1号機原子炉建屋直下に走る長さ約300メートルの断層。北陸電力は1987年に提出した1号機の設置許可申請で、「浸食作用で生じたものだ」として活断層ではないと説明。保安院も審査で活断層ではないと認めていた。

 さらに、北陸電力は97年に2号機の設置許可申請、2006年の国の耐震指針の改定後の再評価でも、活断層ではないとしていた。

 保安院は東日本大震災を受け、全国の原発周辺の断層の見直しを進めていた。北陸電力から提出された資料を調べ直した結果、問題の亀裂は12万〜13万年前の比較的新しい時期に動いた活断層である可能性が高いことがわかった。

 枝野幸男経産相は閣議後会見で「専門家の意見を聴いたうえで判断したい。活断層という新たな知見が認められれば迅速に対応する」と述べた。

 北陸電力は「発電所の建設時に8本の断層があることは確認しているが、活断層ではないという認識は変わらない」としている。

 〈渡辺満久・東洋大教授(変動地形学)の話〉 調査図面をみる限り、活断層と考えられる。2回動いている可能性もある。国がこれまでどんな審査をしてきたのか。大変疑問だ。


坂本龍一さん「電気のため、なぜ命を」都心で脱原発デモ(朝日新聞2012年7月17日)


 「脱原発」を訴える大規模な市民集会「さようなら原発10万人集会」が16日午後、東京・代々木公園で開かれた。ノーベル賞作家の大江健三郎さん(77)らが呼びかけた署名運動「さようなら原発1000万人アクション」の一環。約17万人(主催者発表)が全国から集まり、原発の再稼働に踏み切った野田政権に方針撤回を迫った。

 「たかが電気のためになんで命を危険にさらさないといけないのでしょうか。子どもを守りましょう。日本の国土を守りましょう」。集会は午後1時、呼びかけ人の一人、音楽家の坂本龍一さん(60)のあいさつで始まった。

 続いて壇上に立った大江さんは、6月15日に約750万人分の署名の大半を野田佳彦首相あてに提出した翌日に野田政権が関西電力大飯原発の再稼働を決めた経緯に触れ、「私らは侮辱の中に生きている。政府のもくろみを打ち倒さなければならないし、それは確実に打ち倒しうる。原発の恐怖と侮辱の外に出て自由に生きることを皆さんを前にして心から信じる。しっかりやり続けましょう」と訴えた。

 「冥土のみやげに皆さんの集まった姿を見たかった」。こう切り出したのは作家の瀬戸内寂聴さん(90)。「政府への言い分があれば、口に出していいし、体に表していい。たとえ空しいと思う時があっても、それにめげないで頑張っていきましょう」

 会場では音楽ライブやトークショーも開催。参加者は午後2時に集会が終わった後、渋谷など繁華街を「再稼働反対」と声を上げながらデモ行進した。

 集会は、原水爆禁止日本国民会議(原水禁)が中心となって開催。労働組合の旗がたくさん掲げられるなか、手作りのプラカードを掲げる参加者も目立った。参加者数は担当者が分担して会場入り口の約10カ所で目測で数えて合計したという。昨年9月に東京・明治公園で開催した集会には6万人ほどが集まったが、今回はその規模を上回り、東京電力福島第一原発事故に関連した集会では最大規模としている。警視庁は公式発表していないが、警察関係者によると、把握した参加者数は約7万5千人だったという。

 東京の集会に呼応し、各地でも集会やデモ行進があった。(澄川卓也)


ニュース見出し