パキスタンの核拡散疑惑「核開発の父」カーン博士が関与認め、赦免願い出る (朝日新聞2004年2月5日)

 パキスタンの核技術流出疑惑をめぐり、同国の「核開発の父」アブドル・カディール・カーン博士が4日、ムシャラフ大統領と会談し、流出させたことを認めるとともに罪の赦免を願い出た。

 大統領との会談はイスラマバード郊外の大統領公邸であった。政府の声明によると、カーン博士は核技術を外国に流出させた責任を認め、「これまで果たしてきた国家安全保障への貢献を考慮して、罪を許してほしい」と大統領に嘆願したという。

 博士はこの後、国営テレビに出演。「国民に謝りたい。(核技術流出に)政府の許可はなく、すべて責任は私にある」と謝罪した。

 パキスタンは98年に初の核実験を成功させ、カーン博士はその立役者。嘆願の扱いについて、大統領は核開発に関する同国の最高機関に諮る予定だ。

 パキスタン軍当局によると、博士はイラン、リビア、北朝鮮への核技術流出にかかわったことを認めている。軍は当時の陸軍参謀長などからも聴取したが、「軍や政府の関与はなかった」と結論づけた。このため、疑惑は科学者の個人的犯行として幕引きされる可能性が高くなった。

核技術入手「闇市場で」 パキスタン大統領認める(朝日新聞2004年2月6日夕刊)

 パキスタンのムシャラフ大統領は5日、同国が核兵器を開発するため、国際的なブラックマーケット(闇市場)を利用したことを認めた。核技術を北朝鮮、リビア、イランに漏洩(ろうえい)した同国の「核開発の父」アブドル・カディール・カーン博士の罪を赦免すると発表した記者会見で語った。漏洩には政府や軍の関与はなかったと繰り返した。

 核をめぐる闇市場の実態は、米国や国際原子力機関(IAEA)などの調べで明らかにされつつあるが、大統領は「闇世界の根は広がっており、欧州人やパキスタン人もかかわった。その中心地は(アラブ首長国連邦の)ドバイだ」と語った。

 さらに「我々も闇世界を通じて(核兵器を)作った。(必要な部品や材料を)公然と買ったのではない」と述べた。核の入手の際には政府ぐるみで闇市場を使ったことを認めつつ、核拡散では政府の関与を否定したことになる。

 政府や軍の関与がなかった証拠として、大統領は「米国などがどう公式にコメントしているのか見てほしい」と述べ、対テロ戦での重要性からムシャラフ政権批判を避けている米国政府の姿勢を引き合いに出した。

 核拡散が明らかになったことで、被爆国日本からの経済支援に影響が出ないかと問われると、「個人がやったことだということを日本も知っている」と、影響がないとの見方を示した。

 また、昨年暮れのイランの査察受け入れやリビアの核開発計画断念をきっかけに、パキスタンからの核拡散が明るみに出たことについて、「イスラム教の兄弟国との間で(核拡散が)行われたという者もいる。だが、兄弟国がやったのは、断りもなく暴露することだった」と批判。北朝鮮については「(漏洩先の)1カ国はイスラム教国ではなかった」と述べるにとどまった。

 パキスタンは74年のインド核実験後、核開発に着手。98年5月に核実験に成功した。核弾頭の搭載が可能な弾道ミサイル・ガウリの発射実験にも成功している。

核開発技術漏えい:関与のスリランカ人から事情聴取(毎日新聞2002年2月20日)

 【クアラルンプール井田純】パキスタンの核科学者、カーン博士による核開発技術漏えい問題で、マレーシア警察は20日、同博士の核漏えいに関与していたスリランカ人、タヒル氏からの事情聴取内容を発表した。この中で同氏は「カーン博士が、01年にパキスタンからリビアに濃縮ウランを送ったと話した」と供述するなど、パキスタンからリビア、イラン両国への核技術漏えいの実態を明らかにした。

 同警察によると、同氏は、カーン博士が「01年にパキスタンからリビアに相当量の濃縮ウランを空輸した」と話していたと述べ、01〜02年には核開発に使われる遠心分離機の輸出も行われていたと供述した。

 また、イランへの技術漏えい関与も明らかにし、「カーン博士の指示で94〜95年ごろ、パキスタンからイランに遠心分離機の中古部品を送り、その対価としてイランから300万ドルが支払われた」と述べたという。

 タヒル氏は、マレーシアやアラブ首長国連邦のドバイなどを拠点に、カーン博士の「代理人」として活動し、核の闇市場に深く関与していたとされる人物。マレーシアの企業に遠心分離機の部品を発注し、自らが仲介してリビアに輸出していた疑いが持たれ、滞在先のマレーシアで警察の調べを受けていた。


ニュース見出し