ヒロシマ・ナガサキ アピール6000万突破(しんぶん赤旗2000年10月4日)

核兵器廃絶の草の根の世論として、日本原水協などが15年間とりくんできた「ヒロシマ・ナガサキからのアピール」署名が2日午後4時に、6千万人を超えました。同じ文面 の署名が6千万を超え たのは、国内で初めて。
 

 3日、日本原水協がおこなった「核兵器廃絶10・3〜4中央行動」の国会要請行動で発表しました。 日本原水協は3日、6千万署名の1割強にあたる676万8千人分の署名を請願署名として国会に提出。衆院議員面会所の前に積みあげられたトラック2台分の段ボール箱には、「核兵器をすぐに無くせ」の願いがこめられた署名簿がぎっしり。

 日本共産党の衆参議員15人が並んで署名を受け取り、議員団を代表して、松本善明衆院議員があいさつしました。


 赤松宏一代表理事は、アメリカや日本が主張した「核兵器の究極的廃絶」という、核廃絶の棚上げ論が国際的に通用しなくなり、核兵器廃絶を緊急・中心課題とする「アピール」署名の方向が、世界の世論と運動の多数派になったことを強調。世界の流れにさからう日本政府を大きな世論で包囲しようとのべました。


 愛知県原水協の佐竹康行事務局長は「署名が始まった15年前は、『核凍結』『核軍縮』が世界の反核運動の主流で、今日のように『核兵器廃絶』が当たり前ではなかった。『アピール』署名をはじめとする運動が、ここまで国際世論の変化を作り出してきた」と笑顔で語り、和田忠明高知県原水協事務局長は「『アピール』署名の県内過半数達成が力になり、全自治体の非核宣言まであと四つ。日本政府に核兵器廃絶の国連決議に賛成するよう求める決議は17自治体、核密約の公表を求める決議は6つに広がっています」と話していました。


ニュース見出し