コーヒー缶23個にプルトニウム グルジアで3人逮捕(朝日新聞 2001年10月17日)

原子爆弾の材料にもなるプルトニウムが16日までに、グルジアの首都トビリシ市内の民間アパートで大量に発見、押収された。グルジア国家保安省は3人の男性を逮捕し、入手経路について本格的な捜査を始めた。

保安省当局者の説明によると、押収したプルトニウムは、コーヒー保管用の金属缶23個に分けられ、数カ所のアパートの部屋に隠されていた。押収したプルトニウムの総重量は明らかにしていないが、6万5000ドル相当と推定できるという。逮捕者はいずれもグルジア人を名乗っている。

ソ連解体後、核兵器の解体によって取り出された余剰プルトニウムなど、核兵器製造に転用可能な物質は、旧ソ連諸国の数十の施設で管理、貯蔵されている。一方、94年、ドイツ国内に到着したモスクワ発の民間機内からプルトニウムが発見され、コロンビア人が逮捕されたのをはじめ、盗難や密輸の情報が後を絶たない。

理論的には、重量8キログラムのプルトニウムがあれば、原爆1個が製造可能といわれ、核兵器の拡散や大規模なテロに利用されることを恐れる米国や欧州諸国が、ロシアなどに管理体制の整備を求め続けてきた。


ニュース見出し