核燃機構25年間にプルトニウム206キロの誤差(朝日新聞 2000年11月27日夕刊)  

 核燃料サイクル開発機構東海再処理施設(茨城県東海村)に運び込まれた原発の使用済み核燃料に含まれるプルトニウムの推定値と再処理で実際に抽出された量の差が、この25年間で206キロにのぼることがわかった。核燃機構を所管する文部科学省が28日、原子力委員会に報告した。国際原子力機関(IAEA)は計量精度などによる誤差で問題はないとしているが、核査察の難しさを改めて浮き彫りにした。

 文科省によると、プルトニウム量を推定する次のような段階で誤差が発生すると考えられる。(1)使用済み燃料内の含有量の計算(2)燃料を収納している燃料被覆管に付着して失われる量の評価(3)放射性崩壊による減少量の計算。文科省とIAEAがこれらの要因を分析し、101キロ分の行方を突き止めた。

 IAEAは今後、こうした計算量と実測値の差を各段階で詳しく分析し、誤差を減らすための対策を考える。

 東海再処理施設は77年9月から02年9月までに計1003トンの使用済み核燃料を再処理し、6.9トンを回収した。    


ニュース見出し