プルトニウム製品の製造始まる 六ケ所村再処理工場(朝日新聞 2006年11月17日)

 日本原燃は16日、青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場で、プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)粉末製品の製造に入った、と発表した。日本初の商業的なプルトニウム生産となる。MOX製品は、同社が建設を計画中のMOX燃料工場で燃料に加工され、普通の原発でプルトニウムを燃やすプルサーマルに使われる予定だ。

 同工場は3月末、原発の使用済み燃料を使った「アクティブ試験」と呼ばれる試運転を開始した。燃料を細かく切ってから硝酸で溶かしてプルトニウムとウランを抽出。さらに溶液の水分などを飛ばして固形化し、粉末化した12キロのMOXを16日、金属製の容器に収めた。

 プルトニウムは核兵器への転用も可能な放射性物質なので、生産工程は国際原子力機関(IAEA)の厳しい査察下に置かれている。工場には査察官ら約30人が24時間態勢で常駐し、溶液などを分析している。同社は、来年夏にも試運転を終え、本格操業に入るとしている。  


ニュース見出し