高濃縮ウラン密売の疑いで牧師を逮捕 ポルトガル朝日新聞 2002年7月13日)

ポルトガルの警察が11日、高濃縮ウラン密売の疑いで46歳の男を同国のポルトで逮捕した、と発表した。旧東欧諸国から持ち出して密売する組織のメンバーで、昨夏、パリで逮捕された3人とつながりがあると見られている。

ポルトガルからの報道によると、男は巡回伝道の牧師で中南米やアジアを頻繁に訪れていたという。警察は、こうした旅行の際に取引先と接触していたのではないかとして追及している。

高濃縮ウランは、核兵器の材料となりうるほか、通常兵器並みの爆発で放射性物質をまき散らす「汚い爆弾」にも使用できる。

その入手をたくらむテロ組織や密売グループが動き出しているにもかかわらず、ロシアや旧東欧諸国の放射性物質の管理体制は依然としてかなりずさんなままだ。


ニュース見出し