米軍、劣化ウラン弾誤射 プエルトリコ 訓練中止求める声 (朝日新聞 1999年6月1日)

 【ロサンゼルス30=宮川政明】カリブ海の北方に浮かぶ米自治領プエルトリコで、米軍機が訓練中に劣化ウラン弾を誤射し、大半が米回収であることが分かった。その事実を知らされていなかった島民たちは激しく反発し、訓練中止を求める声もあがつている。沖縄県鳥島の米軍射爆撃場でも誤射が起こっており、米軍の劣化ウラン弾管理や事故通報のあり方に改めて疑問符がついた格好だ。
 米軍などによると、プエルトリコのビエケス島(島人口約9000人)にある米軍訓練場でことし3月初旬、ハリアー攻撃機が25ミリ劣化ウラン弾263発を発射した。
 同訓練場では同弾の使用が禁じられているが、米軍側は、米本土のフロリダ州かバージニア州の基地で誤つて積み込み、そのまま発射されたと説明している。回収したのは57発だけ。「単発の出来事」で組織的なミスではなく、「健康への影響はない」としている。
 米軍は国の原子力規制委員会(NRC)やプエルトリコの環境部局には報告していたというが、プエルトリコ側はロセジョ知事はじめ、知らされていなかったとしている。
 今年4月19日に同じ訓練場で米軍機の誤爆によって、民間の警備員一人が死死亡した。訓練反対運動の高まりの中で、劣化ウラン弾誤射も暴露され、米軍も5月27日誤射の事実を認めた。


ニュース見出し