劣化ウラン弾「危険」,米国防総省傘下研究所 動物実験などで確(朝日新聞2003年7月12日)

【ワシントン=村山知一 博】劣化ウラン弾が生体へ悪影響を及ぼす恐れのあることを、米国防総省 傘下の研究機関が動物実 験などで確かめていたこ とが分かつた。米シンクタンク核政策研究所(NPRI)が研究論文や議会報告書を調査した。同省は劣化ウラン弾と兵士の健康状態の関連を否定、米軍はイラク戦争でも使ったばかりだ。

 劣化ウランは天然ウランから濃縮ウランをつくる過程で出る。鉛のl・7倍の密度があり、これでつくった砲弾は通常弾より貫通力がある。ただ、弱いながらも放射線を出し、重金属としての毒性もある。

 NPRIによると、軍 放射線生物学研究所は、 劣化ウラン片を埋め込まれたネズミから生まれた子は体が小さいことを確認。「胎盤は劣化ウランを遮らない」という論文を昨年末にまとめた。

 同省の予算を受けた民間研究機関は00年、劣化ウラン片を理め込むとネズミの発がん率が上がることを確かめた。別のチームは、人間の細胞ががん化する危険性を試験管の実験で確かめた。

 NPRIは、▽米軍兵士やイラク市民の尿検査 ▽汚染された戦車などへの接触防止対策▽環境中の残留量の長期的な監視、などを米政府に求めている。国防総省は「劣化ウラン弾が兵士らの体に深刻な思影響を及ぼす証拠はない」との立場だ。

大統領「イラク、ウラン輸入」 「CIAが演説承認」 (朝日新聞2003年7月12日)

 【ワシントン=石合 力】アフリカ訪問中のブ ッシュ米大統領は11日、 イラクがニジエールから ウランを輸入しようとしたという誤った情報を今年1月の一般教書演説で取り上げた問題につい て、「情報部門が承認したものだった」と述べ、 情報機関の判断が誤っていたことを認めた。

 同行しているライス米大統領補佐官(国家安全保障担当)は、米中央情報局(CIA)の判断だったことを明らかにした。 ロイター通信などによると、ライス補佐官は 「CIAは演説全体に目 を通しており、もし(テネットCIA)長官が、 この部分は演説から削除すべきだと言えば、そう していた」と述べ、CIAの判断に共づいて演説に盛り込んだことを強調した。米CBSは10日、 ホワイトハウスが該当部分の削除を求めるCIAの要諦を無視したと報道していたが、ライス氏は「該当部分について(CIAと)協議した」と説明。CIAは演説内容を 了承していたと主張し た。

ライス補佐官は「ホワイトハウスはテネット長官に完全な信頼を寄せている」と述べたが、民主党は、ブッシュ政権への批判を強めており、今後、テネット氏の責任問題が浮上する可能性もある。 プッシュ大統領はこの日、「一般教書では、フセイン政権によって示された脅威について米国民に詳細に語った。政府はこうした誇威に適切に対処した」と述べ、イラク戦争の正当性は揺るがないとの考えを示した。


ニュース見出し