原発制御棒はずれ一時臨界に 北陸電力、国に報告せず(朝日新聞 2007年3月15日夕刊)

 北陸電力の志賀原発1号機(石川県志賀町、沸騰水型、出力54万キロワット)で、99年の定期検査中に、挿入されていた制御棒3本が想定外に外れ、停止していた原子炉が一時、核分裂が続く臨界状態になっていたことが15日わかった。すぐ緊急停止信号が出たが制御棒は元に戻らず、臨界状態は制御棒が戻るまで15分ほど続いた。その間、原子炉の制御ができなかったことになる。北陸電力はこうした事実を国に報告していなかった。

 経済産業省原子力安全・保安院は「3本の制御棒が外れた想定外の臨界事故と認識している。極めて重大だ」とし、法令違反の疑いもあったとみて同日午後、同社に同1号機の運転停止を命じるとともに、事実関係を調べて報告するよう法令に基づいて指示する。

 北陸電力によると、トラブルは99年6月18日午前2時すぎに起きた。定期検査中で原子炉は上ぶたが開いた状態で停止していた。89本ある制御棒はすべて炉の下から挿入された状態になっていたが、そのうちの3本が制御弁の操作ミスで下に落ちてしまい、核反応が始まって臨界状態になった。この時の出力は1%未満だったとしている。

 すぐ、核分裂を起こす中性子の量が多いという警報が出たが、安全装置が正常に作動せず、制御棒は元に戻らなかった。その後、作業員らが手動で弁を操作するなどして約15分後に制御棒が元の挿入状態に戻った。

 作業員らの被曝(ひばく)などはなかったが、同社は当時、発電所長の判断でこうした事実を国へ報告していなかった。昨秋以降、電力会社のデータ改ざんが相次いだことを受け、国の指示で進めた総点検の中で、作業員への聞き取り調査などから事実が浮上したという。

 保安院の市村知也・原子力事故故障対策室長は会見で、「最近明らかになった東北電力や東京電力の事例よりも悪質な可能性がある」と事態を重視している姿勢を改めて明らかにした。

 会見では、同原発の安全審査では、制御棒の引き抜きトラブルは1本までしか想定されていないと説明された。また、当時、中央制御室を含めて複数人の作業者が関係していた可能性が高い。業務日誌など所内で次の運転グループに引き継がれた明確な証拠は残っていないという。

志賀原発1号機、保安院が停止指示 事故隠し「悪質」(朝日新聞 2007年3月16日)

 北陸電力による志賀原発1号機(石川県志賀町、沸騰水型、出力54万キロワット)の臨界事故隠しで、同社は15日、経緯を経済産業省原子力安全・保安院に報告した。保安院は、国内初の臨界事故を隠したのは極めて悪質と判断し、同機の運転停止を指示した。

 臨界状態の原子炉が制御不能となる事態は、ミスの連鎖で起きた。同社によると同機は当時、定期検査に合わせて原子炉の停止機能を強化。事故があった99年6月18日は、その性能を確かめるため、制御棒の挿入試験を準備していた。

 炉の上ぶたを開け、89本ある制御棒を炉の下から挿入して出力を止め、作業員が制御棒を上下させる駆動装置(水圧式)の弁を次々と閉める作業をしていた。駆動装置の別の場所で漏水があり、その水圧で制御棒3本が自動的に引き抜かれた。核反応が始まり、部分的に臨界状態となった。

 さらに、日立製作所がまとめた試験手順書には誤記があり、漏水を逃がす安全弁が働かない設定になっていたことや、制御弁を閉める順番のミスも続いた。出力は営業運転の際の定格熱出力の1%未満だったという。

 想定外の臨界で警報が鳴ったが、制御棒を緊急挿入する別の安全装置も働かず、中央制御室で警報を知った当直長が、放送で手動操作を指示。約15分後、制御棒は元の状態に戻った。作業員らの被曝(ひばく)はなかったが、発電所長ら幹部が協議して事実を運転日誌にも残さず、国などへも報告しないことを決めた。

 甘利経産相は「憤りすら感じる。今までのデータ改ざんとは質が違う。厳正に対処しなければならない」と述べた。

北陸電力の志賀原発1号機で臨界事故が起き、隠していた問題は、国や電力業界に大きな衝撃を与えた。原発の心臓部である原子炉が、ふたを開けたまま、一時的にせよ制御不能に陥った。人為ミスを重ね、いくつもの安全防護の仕組みもすり抜けていた。さらにミスが続けば、重大事故につながりかねない事態だった。隠蔽は、最近相次いで発覚している東京電力や東北電力の緊急停止隠しと同様、現場の組織ぐるみだった。電力業界は、信頼を取り戻せるのか。

規定とは逆の操作 手順書に複数の誤り

 事故発生は、茨城県東海村の民間ウラン加工施設ジュー・シー・オー(JCO)で起きた臨界事故の3カ月前だった。

北陸電力は、新しく導入した制御棒の挿入システムを点検しようとしていた。

この試験では、制御棒を挿入したままにしておくためには、ある弁を開いておかなければいけなかった。ところが、作業手順書ではこの弁を閉じて実施するよう書かれていた。

事故はこれが発端となった。ほかの弁の開閉に関する記載も誤っていた。こうした記載は強化工事に当たった自立製作所がつくったが、北陸電力も見逃した。

しかも、原子炉内で核分裂を促す中性子の発生を示す警戒音が鳴り、自動停止信号が出たが、緊急に制御棒を挿入する装置が解除されていた。経済産業省原子力安全・保安院は「燃料を入れたまま制御棒を操作するというのに、緊急装置を解除するとは考えられない行為」と驚きを隠せない。

原子炉格納容器と圧力容器の上ぶたも作業のために外されていた。当時、作業員は近くにはいなかったが、保安院の担当者は「人に傷害を及ぼす恐れがある事態。法的に報告が必要だった」という。

旧ソ連チエルノブイリ原発事故は、異常時に原子炉を自動停止する装置を切るほか、複数の運転規則違反が重なって起きた。小さなミスが重なって大事故につながる。

今回の事故は、一時的に原子炉を制御できない状態に陥って「臨界」となつた。竹田敏一・大阪大教授(原子炉物理学)は「制御棒が抜けたのは、あってはならないミス。今回は、3本の制御棒が比較的ゆっくり落下したとみられるが、もし10本、20本という数の制御棒が一斉に落下していたら、急激に出力が上昇し、放射能漏れ事故になった恐れがある」と指摘する。

最近発覚した東京電力や東北電力の緊急停止隠しでは、定期検査に入るため、出力を下げる途中に原子炉が自動停止した。安全システムからの逸脱より、事実を隠していたことが問題視されている。

経産省幹部は「こうした事例と比べ、重みが違う」と嘆いた。


記録なし発電所ぐるみ


北陸電力によると、臨界事故隠しは、当時の発電所長をはじめ、組織ぐるみで行われていた。

事故で原子炉が停止後、中央制御室で事態を把握していた当直長が発電課長に連絡。所長のほか関係部署の次長、課長にも伝えられ、未明に緊急会合が開かれた。その3日後、再び試験をやり直していた。

ところが、運転業務日誌などに記録はまったく残されなかった。今回は職員の証言から、中性子の計測記録などを探し出したが、いまだに詳細は把握できていない。

東京電力では、02年に原子炉格納容器の漏出率検査をした際のデータでっちあげが発覚。

発電所内で複数の職員が関係する不正も判明し、国の指示で全社的な再発防止策に取り組んでいた。

しかし、昨秋以降、原発だけでなく、水力や火力でも次々と不正が見つかり、データ改ざんはほかの電力会社にも波及した。安全よりも運転継続を優先する風土や、国の規制を軽視する姿が浮き彫りになっている。

保安院を15日に訪れた北陸電力の永原功社長は消え入りそうな声で「原因究明と再発防止に取り組む」と謝罪。記者団に対しては「作業が夜中の2時とか3時とかで、だれも見ていないよという感覚もあったのではないか」と漏らした。

制御棒、歯止め外れ?志賀原発事故究明の焦点(朝日新聞 2007年3月17日)


北陸電力志賀原発1号機〈石川県志賀町、出力54万キロワット)で発覚した99年6月の臨界事故は、3本の制御棒がいずれも途中まで下がって起きていた。沸騰水型原発の専門家らは、制御棒の落下を防ぐ金属製の歯止めが外れた可能性が高いと見ていることが16日、分かった。すでに明らかになっている弁操作などの誤りと歯止めのかかわりが、原因究明の焦点になる。

 北陸電力によると、事故当時は、89本ある制御棒(いずれも長さ約4・5b)のうち、88本を原子炉内に完全に入れた状態で、ある1本の制御棒を動かす試験をしようとしていた。88本については、制御棒を動かす水圧の変動をなくすため、二つずつある制御弁を閉める作業を進めていた。

ところが、手順書の誤りから、全制御棒にかかる余分な水圧を別系統に逃す安全弁も閉じてしまっていた。さらに制御弁の一方を先にすべて閉じた上で、もう一方の制御弁を順次閉じていったため、逃げ場を失つた余分な水圧が作業終盤の3本を押し下げる(炉内から抜く)ようにかかった。緊急時に制御棒を炉内に押し込む緊急停止装置も働
かない状態だった。

制御棒には15センチ刻みで歯止めが付いており、25段階で最大3・6b動くようにできている。3本ともすべて抜けたわけではなく、1分ほどの間に60センチ〜51・5メートル下がったところで臨界が起きた。その後、制御棒は止まっていた。沸騰水型原発では燃料の上部ほどウラン濃度が高く、制御棒の影響が大きいため、3本はいずれも途中までしか下がらなかったものの臨界に至ったとみられる。

専門家は、歯止めがかかっていれば、上からの水圧だけで制御棒が押し下げられることは考えにくいと口をそろえる。歯止めが何らかの理由で外れて数百キロある制御棒が自重によって下がった可能性や、複雑な弁操作で歯止めが事前に外れた可能性が指摘されている。

志賀原発事故の記録なく国際的な評価困難

 北陸電力志賀原発l号機〈石川県志賀町)の臨界事故隠しで、経済産業省原子力安全・保安院が、原子力事故の国際評価尺度(INES)の暫定評価をすべきかどうかで因っている。事故から8年もたち、北陸電力から評価するのに十分な情報が得られていないからだ。30日までに北陸電力に求めた事故報告の提出を待つて、評価するかどうかを決める。

INESは、事故の規模や影響に応じてレベル0〜7に分けられている。世界的に情報を共有するために国際原子力機
関(IAEA)が採用している尺度だ。施設の内外ヘの影響の度合いが主な基準だが、「安全文化の不足」も考慮すべき事項に入っている。

評価にあたっては、原発の安全性を担保するためのシステムがどの程度働いていたかが焦点だ。

しかし、保安院は、運転日誌などの記録に事故の記載がないなど十分な情報がない状況では、評価が難しいとしている。

 過去、JCO臨界事故ではレベル4と評価。また、04年の15人が死傷した関西電力美浜原発3号機の配管破損事故では、安全システムが働いていなかったとして、事故直後の暫定値「Oブラス」よりも1段階厳しい「l」と最終評価した。


3本同時脱落は国審査の想定外

北陸電力志賀原発1号機(石川県志賀町)で99年に原子炉から3本の制御棒が落ちて起きた臨界事故は、国の安全審査でまったく想定されていない事象だった。

どんな事故を想定して安全設計をするかは、原子力安全委員会の「発電用軽水型原子炉施設の安全設計審査指針」が定めている。そこでは「制御棒1本が炉心から落下するのに相当する」事象が起きても安全なように設計する、としかない。しかも、すべて原発の運転中が前提になっている。

 だが、日本原子力研究開発機構や原子力安全基盤機構は最近、定期点検中に事故が起きる確率は決して無視できないと警鐘を鳴らし始めている。今回のように、点検中には安全装置が働いていなかったり、放射性物質を封じ込める原子炉圧力容器のふたがあいていたりするためだ。

未経験の電気保修課が試験 志賀原発臨界事故(朝日新聞 2007年3月18日)

 北陸電力志賀原発1号機(石川県志賀町、出力54万キロワット)で99年に起きた臨界事故で、発端となった制御棒駆動装置の試験を通常の担当課とは異なり、経験のない別の課に担当させていたことが17日わかった。また当時、原子炉メーカーの日立製作所関係者が現場にいたこともわかった。北陸電力は、経験のない課に担当させたことが事故発生に関連したのか、事故隠しを判断した当時の発電所長らが日立関係者にも口外しないよう働きかけたのか、についても調査していく。

 北陸電力によると、こうした試験は通常の定期検査では機械保修課が担当する。しかし、事故当時は、緊急時の原子炉停止機能の強化工事で電気系統の改修をしたことから、電気保修課員が担当した。同課員らは機械保修課から引き継ぎは受けていたが、実際に試験を担当したのはこの時が初めてだった。

 正常な動作を確認する試験は、日立製作所が手順書を作成して北陸電力が確認する形で進められる。事故原因として手順書の記載ミスが指摘されているが、手順書のチェックも、この時は電気保修課が担当した。試験中は日立製作所の担当者が立ち会うのが慣例で、事故があった99年6月18日未明も電気保修課員のほか、日立製作所の担当者らがいたという。

 北陸電力は「担当課が別で手順書のミスをチェックできなかったことが事故原因かどうかは断定できない。今後調査していく」としている。日立製作所広報部は「関係者にヒアリングして調査を始めたばかり。現時点で、事実関係は全くわからない」と話している。

志賀原発、計器設置ミス見逃し運転 昨夏の定期検査(朝日新聞 2007年3月19日夕刊)

 臨界事故隠しを起こした北陸電力志賀原発1号機(石川県志賀町、沸騰水型炉、出力54万キロワット)が、昨年6月の定期検査で原子炉内の中性子計測器の配線を間違って取り付けたまま、一時的な故障と判断して運転再開していたことがわかった。経済産業省原子力安全・保安院は、北陸電力の運転管理体制や安全上の認識に問題があるとみて厳しく調査する方針。

 設置ミスは、この定検中に原子炉内に80個ある中性子計測器のうち2個を交換した際、ケーブルを逆に接続してしまっていた。

 北陸電力は06年6月、定検の最終段階として原子炉を調整運転中、計測器が適切に作動しないことに気づいたが、当時、十分に確認しないで一時的な「故障」と判断し、そのまま運転を再開した。ところが06年11月、たまたま別のトラブルで停止したため、詳細に調べてみたところ、配線接続の設置ミスに気がついたという。

 保安院は、北陸電力の保安規定における「原子力安全の重視」「不適合管理」「是正措置」などの定めから著しく逸脱している恐れがあるとし、07年2月、北電に対して原因究明と再発防止策を3月15日までに求める指示文書を出していた。

臨界警報は制御室のみ、現場詳細知らず? 志賀原発事故(朝日新聞 2007年3月19日夕刊)

 北陸電力志賀原発1号機(石川県志賀町)の臨界事故隠し問題で、事故発生時に臨界が起きたことを知り得たのは、警報が鳴る中央制御室で原子炉を運転する当直員4人だけであることが18日、わかった。現場で作業をしていた作業員は、詳しい事態を知らされず対応に追われていた可能性がある。北陸電力は事故の情報が当時、発電所内部でどのように共有されていたか調べている。

北陸電力が公表した臨界事故時の中央制御室の記録。IRM(中間領域モニター)、SRM(中性子源領域モニター)は2種類の中性子量の監視システムのこと

 当時の当直員の1人が、運転記録のコピーを個人的に保管していた。その記録によると、99年6月18日午前2時18分43秒に中央制御室で、核分裂が起きて中性子が発生したことを示す観測モニターで異常を示す警報が鳴り、その後も事故が収まったことが確認される同33分0秒まで、異常を示す警報が計12回鳴っていたことが確認できた。

 だが、この警報は、中央制御室でしか鳴らない仕組み。事故当時、警報を聞き臨界事故が起きたと認識したのは、中央制御室にいたとされる当直員4人。原子炉建屋内で配管の弁の開閉作業をしていた作業員6人は、当直員から「閉めた弁を元に戻せ」と館内電話で指示を受けたというが、事故発生時にどんなことが起きていたか詳細を知らなかった可能性がある。

 一方、経済産業省原子力安全・保安院の広瀬研吉院長は18日、志賀原発1号機を視察。記者団に対し、臨界事故隠しの原因究明のため、当時の所員らから独自に聞き取り調査をする方針を明らかにした。


ニュース見出し