志賀原発事故、最悪なら即発臨界も 日本原子力技術協が解析(朝日新聞2007年4月11日夕刊) 

 北陸電力志賀原発1号機(石川県)の臨界事故を受けて、日本原子力技術協会が当時の状況を解析したところ、最悪なら急激な核反応が一気に起きる即発臨界の状態になっていた可能性があることが11日、わかった。即発臨界はチェルノブイリ事故でも起きた現象だが、志賀原発の場合は即発臨界が起きていたとしても、局所的なため、燃料の温度は損傷で危険な状態となるまでは、ほど遠かったとみている。

 事故は運転停止中に、原子炉の制御棒が意図せずに3本抜け落ちて臨界状態が約15分間続いた。同協会が、制御棒が抜ける速度や順番を分析したところ、最も厳しい条件で即発臨界になっていた可能性があったという。

 核分裂反応は通常、温度が上昇すると減少する抑制効果がある。しかし、即発臨界だと、核分裂反応が減少することなく一気に進んでしまう。燃料の温度が3300度を超えるような状態になると、核燃料が破損したり、水蒸気爆発を起こす恐れがあることから、起こしてはならない反応と考えられている。

 同協会によると、志賀原発の場合は、臨界が起きたのは局所的だったため、仮に即発臨界状態であっても、燃料の温度は150度程度で燃料破損が起きる状況にはならなかったという。

 同協会の石川迪夫理事長は「今回は大事故につながる状態ではないが、炉内については暴走状態になっていた可能性がある」と話した。

 原子炉の設計上は制御棒は1本抜けても臨界にならない状態しか想定していない。しかし、今回の事故は弁の操作の誤りで、3本同時に制御棒が抜け落ちたことで臨界状態になったことが明らかになっている。


ニュース見出し