ロシアが未臨界核実験3回 原潜事故後、北極海で(朝日新聞 2000年9月5日)
  

【モスクワ4日=大野正美】口シア原子力省は4日、8月28日から9月3日にかけて3回の未臨界核実験を北極海のノバヤゼムリャ島で実施したことを明らかにした。ロシアの未臨界核実験は、今年1月8日にやはり同島で2回実施して以来。
 

 原子力省は、核兵器の信頼性を確認するため、ロシアが今年5月に批准した包括的核実験禁止条約(CTBT)の枠内で行われ、同条約に違反しないとしている。この時期の実験の理由について同省は、気候条件などから例年秋口から冬にかけて実施している、と説明した。
  

 ロシアでは8月半ばに原子力潜水艦クルスクが同島にも近いバレンツ海で沈没し環境団体などを海底に残った原子炉が放射能漏れなどを起こす危険を指摘している。クルスク事故でロシアの核関連技術に国際的な不安が呼び起こされるさ中の未臨界核実験は、今後反発も呼びそうだ。   


ニュース見出し