ロシア核実験50周年を記念(共同通信 1999年8月31日)

【モスクワ30日共同】ロシアのプチン首相は三十日、旧ソ連による初の核実験実施五十周年を記念する集会で演説、ロシアが核兵器を国防力の柱として維持、今後も近代化を進める方針を強調した。                             
 首相は「核兵器の発展と改良は政府にとって最重要課題のひとつである」と述べ、核軍縮で数量的には核を減らす一方で、質的には改良を図る姿勢を示した。      
 またセルゲーエフ国防相も、ロシアの核兵器が「世界で最も近代的である」と述べ、核が国防にとって信頼できる盾であり続ける」と強調した。                       
 財源難に直面するロシアは米国との間で、第三次戦略兵器削減条約(START3)交渉を早急に開始し核兵器の一層の削減を図りたい意向だが、一方では新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発などを進めている。                   
        


ニュース見出し