核軍縮を位置づけたロシアの新国家安保戦略ロシア政府13日発表 抜粋(しんぶん赤旗2009年5月16日)

「2020年までの国家安全保障戦略」のうち、核軍縮関連部分を抜粋して紹介します。

核兵器を保有する国が増える危険が高まっている。米国によるミザイル防衛システムの欧州配備は、世界と地域の安定維持の可能性を大きくそこねる。

ロシアは長期的に、国際法の原則、諸国家の良好で対等な安全保障に基づく国際関係をめざす。国際法の枠組みの中で国益を守るため、新しい軍拡競争などの対決を避ける、合理的でプラグマチックな対外政策を進める。

平等互恵の国家間協力、世界と地域の危機を解決する文明的な政治機構に基づく国際安定システムにおいて、国連と安保理は中心的要索だ。

中期的には、戦略酌な核戦力を維持しつつロシア軍を質的に新たなタイプに移行させることが、国防強化の主要課題だ。

ロシアの長期発展に有利な条件は、戦略的安定の確保によって達成できる。それは、核兵器のない世界に向けた一貫した前進、および万入に対する平等な安全の条件をつくる方策をも含む。

ロシアは、国際関係において、安定維持と戦略攻撃兵器の分野における予測可能性という原則を支持する。戦略攻撃兵器のさらなる削減にかんする全面的な 二国間条約を新たに締結することは、特別な意義がある。

核保有国をはじめ他の関係国を、共通の安全保障と戦略的安定の確保に向けた共同行動、プロセスに引き込むよう協力する。

二国間条約および多国間形式を基礎に、核戦力の削減をさらに議論する用意がある。また、国際の安全と戦略的安定をそこなわず核兵器を削減できる適当な条件をつくるよう促す。

米国は、地球規模のミサイル防衛システムを配備し、核および非核の戦略的運搬手段[ミザイルや爆撃機]を用いた地球規模の即応打撃の態勢をすすめている。その条件の下で、世界の戦略的安定と対等な多国間協力の確保のため、ロシアは米国との間で、 [核兵器など]戦略的攻撃兵器の分野で均衡を維持するため、あらゆる必要なことを最小限の支出でおこなう


ニュース見出し