ロシア、戦術核拡充 大統領令署名(朝日新聞 1999年4月30日)
  
【モスクワ5日=副島英樹】インタフアクス通信によると29日に開かれたロシアの安全保障会議の結果を受けて、エリツィン大統領は戦術核の拡充を進める大統領令に署名した。冷徹終結後、自主的に削減してきた短射程の戦術核について、方針の転換を示したものとみられる。NATOの拡大やユーゴ空爆などの情勢を受け、ロシアの存在を再認識させようとの判断とみられる。
  大統領は安保会議で、「半世紀の間、核の力は世界の安定にとって重要な要因のーつだつた」と述べ、今後も高水準の核抑止力を保持していく方針を表明した。
  戦略核に関しては、第一次戦略兵器削減条約(STARTI)以降の削減と引き換えに、ロシアでは戦略核の高性能化が検討課題となっている。会議ではこの問題が予定されていたが、ユーゴ情勢など国際環境の変化を受け、戦術核の拡充も検討課題にのぼったものとみられる。


ニュース見出し