ロ原潜が沈没 (日本経済新聞 2000年8月15日)
  

 【モスクワ14日=坂井光】ロシア海軍報道部は14日、北方艦隊所属の多目的原子力潜水艦「クルスク」(オスカー2型)が演習中に航行不能となったと発表した。同艦には107人が乗艦していると見られ、北極海に近いバレンツ海の演習海域の海底107メートルの地点に沈んだまま浮上できないという。タス通信によると、海軍のクロエドフ総司令官は同日、事故の原因について、「衝突の痕跡がある」と指摘。「脱出のチャンスはあまり大きくない」とも述べ、大規模な犠牲者が出ることへの懸念を表明した。

 報道部によると、原子炉は停止させたが、異常はなく、放射線レベルも正常という。さらに、同艦には核兵器は搭載されておらず、環境汚染の危険もないと指摘した。ロシア海軍は救助隊を同海域に派遣した。同艦とは通信による連絡は取っており、燃料や酸素も供給しているという。

 インタファクス通信によると、クルスクは1995年就役で、最大排水量2万3860トン。最大潜航深度500メートル。魚雷と巡航ミサイル「グラニト」を搭載している。

(日本経済新聞 2000年8月15日夕刊)

モスクワ14日=坂井光】ロシア海軍の北方艦隊所属の原子力潜水艦「クルスク」(オスカー2型)が13日、北極海に近いバレンツ海の海底約100メートルの地点で航行不能になった事故で、同海軍は14日夜、無人救助用装置を現場付近まで下ろすなど救助作業を開始した。一方、事故原因に関連して外国潜水艦との衝突の可能性が報道されたことについてタス通信などは14日、海軍筋が「暫定調査の段階で衝突の証拠は確認されていない」と述べたと伝えた。

 北方艦隊筋は14日、事故による死者はいないと述べた。被害の状況についても不明だが、船首部分が損傷し、その結果、魚雷発射装置部分が浸水しているとの情報もある。非常用アンテナは使用不可能で、打撃音を傍受することで連絡をとっているという。

 クルスクは10日から13日まで実施された海軍演習に参加。ドゥイガロ海軍総司令官補佐官によると、同艦には116人が乗船している。現場海域には原潜の設計者なども到着したが、救助活動は難航している模様。被害状況などを見極め、15日午前(現地時間)にも潜水艦を引き揚げるのか、乗員だけを救出するかの判断を下すという。

 ただ、クロエドフ海軍総司令官は救出の可能性について「あまり大きくない」と悲観的な見方を示している。

 今回の事故についてタス通信は海軍筋の話として、クルスクが外国の潜水艦と衝突した疑いがあると伝えていた。米政府は米潜水艦がクルスクと衝突した可能性は否定した。

 

(日本経済新聞 2000年8月22日)

12日 ロシア海軍の原潜「クルスク」がバレンツ海で演習中に行動不能に
14日 ロシア海軍が事故発生を発表 救助部隊が現地に到着 米国、英国が支援を申し出
15日 海軍が「乗組員は生存している」と発表 悪天候のため遅れていた救出作業が開始
16日 プーチン大統領が状況は「危機的」と発表 クレバノフ副首相が「艦内からの反応がなくなった」と発言 ロシアが英国とノルウェーに支援を正式要請 英国が特殊潜水艇をロシアに派遣。輸送機が中継地のノルウェーに到着
17日 海軍幹部が救出支援で北大西洋条約機構(NATO)と協議開始 事故調査本部長のクレバノフ副首相が「外部の物体と衝突した」との中間報告を発表

18日 ポポフ北方艦隊司令官は「艦内部の爆発が最も有力だ」と発言
19日 プーチン大統領がクレムリンに登庁し緊急会議開催 モツァク北方艦隊参謀長が「最悪の事態を想定しなければならない」と発言 午後8時ごろ 英国の特殊潜水艇を載せたノルウェー船が現場海域に到着
20日 零時ごろノルウェーの潜水チームが現場海域に到着 午前10時ごろ潜水作業を開始 午後、クレバノフ副首相が「ハッチの損傷が激しく英特殊潜水艇とのドッキングは困難」とコメント
21日 朝、ノルウェーのダイバーチームが後部にある脱出用の外部ハッチを開放 午後、内部ハッチを開け、艦内がほぼ水没していることを確認 午後4時ごろモツァク北方艦隊参謀長が乗組員全員死亡を確認  


ニュース見出し