露原潜事故、新型魚雷が爆発か (朝日新聞 2000年8月30日)


 
【モスクワ29日=伊熊幹雄】インターファクス通信は29日、ロシア海軍当局者の話として、沈没した原子力潜水艦「クルスク」が、新型長距離魚雷の発射実験を予定しており、この魚雷が内部で爆発した可能性があると伝えた。
 それによると、匿名の同当局者は「私見」と断った上で、クルスクに軍需工場関係者二人が乗り組んでいたことを指摘。さらにロシア海軍は最近、米国が新型長距離魚雷を開発したのに対抗して、同様の魚雷開発を急いでいたと語った。

 ロシア軍はこれまで「他の原潜との衝突の可能性が高い」としてきたが、この海軍当局者は「衝突があった上に、搭載していた魚雷が爆発した」と事故の連鎖が原因との見解を示した。

 一方、この事故に関しては、米ニューヨーク・タイムズ紙が29 日、バレンツ海に出動していた米海軍潜水艦の音波記録分析から、事故原因は魚雷爆発の可能性が高いと報じた。それによると、爆発は二回起こり、最初は魚雷誤射または何らかの事故があり、その2分15秒後に今度は強力な爆発が起こったという。


ニュース見出し