日本海・ロシア原潜事故 消火装置誤作動、死者20人(朝日新聞 2008年11月10日夕刊)

 【モスクワ=副島英樹】イタル・タス通信などによると、日本海を試験航行していたロシア太平洋艦隊の原子力潜水艦で8日、消火装置の誤作動で消火ガスが噴出し、20人が死亡、21人が負傷した。ロシア海軍の当局者は、原子炉は正常に動いており、放射能漏れはないとしている。

 原潜には軍人81人や造船企業の技師、従業員ら計208人が乗っていた。死者20人のうち17人は民間人という。ロシア艦船が救援に向かい、負傷者をウラジオストクの軍事病院に収容した。

 軍当局は、事故の発生場所や原潜の名称を明らかにしていないが、ノーボスチ通信は攻撃型のアクラ級原潜「ネルパ」と伝えた。タス通信も「シュカB級」(アクラ級)と伝えている。

 メドベージェフ大統領は9日、犠牲者の遺族への支援をセルジュコフ国防相に命じるとともに、チャイカ検事総長に事故原因の究明を指示。検察当局が艦船の運用に関する規則違反の疑いで、刑事事件として捜査を始めた。

 軍関係者によると、造船企業からの乗員が消火装置を誤作動させた可能性があるという。噴出したのは消火用のフロンガスとみられている。試験航行は10月末に始まり、11月初旬に最初の潜航を成功させたばかり。軍当局者によると、年末に海軍に正式に納入される予定だった。

 ロシアではプーチン政権発足後の00年8月、バレンツ海で原子力潜水艦クルスクの沈没事故が起き、118人が死亡した。この時は事故の公表の遅れや、外国からの支援拒否による救援の遅れなどが問題化した。今回の事故は、クルスク事故以降では最悪の規模となった。


ニュース見出し