島根原発、検査漏れ123件 点検・交換記録ないものも(朝日新聞2010年3月31日)

 中国電力は30日、島根原発1号機と2号機(松江市鹿島町)で、定期検査で実施したことになっていた機器の交換や点検について、実際には実施されていなかったものが計123件あったと発表した。1号機では、大事故の際に炉心に水を注入する緊急炉心冷却システムにかかわる機器も含まれていた。同社は31日に1号機を停止する。経済産業省原子力安全・保安院は「保守管理と定期検査が適切に実施されていないことは遺憾」として、同社に対し定期検査中の2号機と合わせて再点検を指示した。

 同社によると、機器の中には1974年の1号機の運転開始以来、点検・交換記録がまったく残っていないものもあった。同社は「意図的なものとは考えておらず、原子炉の安全性にも問題はないことを確認した」としている。

 同社が今年1月に開いたトラブルなどの検討会で、1号機の原子炉格納容器に水を注入する機械の隔離弁を動かすモーターが、2006年9月〜07年4月の定期検査で新品に取り換えて検査したことになっていたのに、実際には交換されていなかったことが確認された。

 定期検査の際、交換されるはずだったモーターが交換できず、そのことが作業担当部署から検査計画を管理する部署に連絡されなかったため、「交換された」として記録されたのが点検から漏れた原因という。

 このため、1、2号機について緊急時に使う装置など「重要度の高い設備」(同社)を調べ直し、このモーターに加えて、弁の分解やヒューズの取り換えなど、計123件(1号機74件、2号機49件)の点検が未実施だったことが明らかになった。さらに重要度で四つに分けると、最重要クラスは57件。

 モーター以外の機器については、点検の計画表を作る際、過去の点検日時などを誤って入力するなどしていたという。

 モーターの検査漏れは、昨年6月に担当部署が把握していたが、社内の検討会に報告したのは今年1月だった。同社は「認識に甘さがあった」としている。

 同社は30日、保安院と島根県、松江市に点検の不備を報告。保安院は同社の管理体制と未点検の機器がほかにないかどうか、電気事業法などに基づいて4月末までに報告するよう求めた。(大野正智、小堀龍之)


ニュース見出し