南ア、小型核数十発を製造 93年の全廃宣言で触れず(朝日新聞2005年4月11日)

 核兵器の廃棄を93年に宣言していた南アフリカが、当時廃棄したと発表した6発の核兵器のほかにも、数十発の小型の核兵器を80年代までに開発して保有していた、と同国の核開発や軍関係者らが明らかにした。小型核は威力が広島原爆の数分の1以下で、実戦で使いやすいと考えられていた。その後「小型核は解体された」というが、実態は不明だ。核拡散の問題は昨年明らかになった「核の闇市場」の存在で深刻さが浮き彫りになったが、南アに未公表の核が存在した可能性が浮上したことで、核廃棄を宣言した国での検証や情報開示のあり方も根本から問い直されそうだ。

 南ア政府は93年3月に過去の核開発の事実を明らかにし、すでに完成させていた核兵器6発と、製造途中だった1発を廃棄した、と発表した。核兵器は重さ約1トンの「広島型」で、これらが南アが過去に開発した核兵器のすべてとしていた。しかし、朝日新聞社の取材に応じた南アの国家情報機関幹部は、「80年代に保有されていた核弾頭は数十発で、国営兵器公社と軍の一部だけで管理されていた。核弾頭の中には、巡航ミサイルや長距離砲にも使えるほど小さなものもあった」と明かした。

 この核兵器の管理にかかわった軍の元幹部は「公表されていたものとは別に、サッカーボール程度の大きさの核兵器があった」と述べた。核兵器開発に携わった原子力公社の元幹部は、小型核の技術水準について「80年代では世界で最高レベルの技術だった」と、いずれも小型核の存在を認めている。

 核兵器の行方について、同公社元幹部は「小型核は解体されたはずだ。私は引退したので詳細は知らない」と語った。93年の廃棄宣言で、なぜ数十発の小型核の存在が公表されなかったのかは不明だ。実際に解体されて処理されたのかどうかも、謎に包まれている。

 小型核は戦術核とも呼ばれ、大陸間弾道ミサイル(ICBM)などに搭載される戦略核と区別されてきた。最大の保有国は米国と旧ソ連で、冷戦時代は双方合わせて2万発以上を保有した。爆発規模は広島原爆の数分の1以下で、破壊力の巨大な戦略核と比べ、実戦で使いやすいと考えられていた。

 南アは70〜80年代、アンゴラに駐留するキューバ軍が侵攻することを恐れ、抑止の核兵器開発に取り組んでいた。小型核については、南アの黒人学者らを中心とした非政府組織「歴史公文書室」が、情報公開法に基づいて軍の最高機密文書を入手している。75年3月付で、軍参謀総長が各軍首脳に「アンゴラなど周辺諸国の脅威に対抗するため、迎撃されにくい戦術核ミサイルや小型核爆弾などを配備する必要がある」と述べている。

 南アの核兵器廃棄宣言を受けて査察した国際原子力機関(IAEA)は、核兵器に使われていた高濃縮ウランが研究用原子炉の燃料に転用され、核開発施設も閉鎖されたことなどを確認した。南ア政府は関連資料をすでに廃棄していたため、兵器用の高濃縮ウランの保有量や開発の全体像は不明のままだった。      


ニュース見出し