米ロ核軍縮条約「新START」、米上院が批准承認(朝日新聞2010年12月24日)


 
【ワシントン=望月洋嗣】米上院(定数100)は22日、米国とロシアの核兵器数の新たな削減目標を設定する新戦略兵器削減条約(新START)の批准を、賛成71、反対26の賛成多数で承認した。ロシア側も批准に向けた手続きを進める方針で、オバマ大統領が唱える「核のない世界」の推進につながる重要な条約が、近く発効することになる。

 オバマ大統領は、上院で批准が承認された後にホワイトハウスで記者会見し、「過去20年間で最も重要な軍縮合意だ。我々はロシアとともに核兵器を削減し、米国はより安全になる」と語った。

 新STARTは、米ロが配備する戦略核弾頭数の上限を1550発、ミサイルや爆撃機などの運搬手段の上限を800に制限し、互いの配備状況を査察することも定めている。今年4月、オバマ大統領とロシアのメドベージェフ大統領が署名し、両国が今年中の批准を目指してきた。
.

米ロ核削減の新条約、米上院が批准承認へ(朝日新聞2010年12月22日夕刊)


 【ワシントン=望月洋嗣】米上院(定数100)は21日、米国とロシアの核兵器数を制限する新戦略兵器削減条約(新START)の批准承認をめぐって、審議を打ち切って採決に入る動議を、賛成67、反対28の賛成多数で可決した。米メディアによると、野党共和党から10人近くが批准支持に回っており、22日の採決で承認されるのは確実な見通しになった。

 「核なき世界」を唱えるオバマ大統領は、世界の9割の核爆弾を保有する米ロ両国間での核軍縮をまず重視、年内の批准を急いできた。批准承認が確実となり、外交安保政策上の大きな課題をクリアできる目算が立った。

 条約の批准承認は上院本会議の出席者の3分の2を上回る賛成で可決される。オバマ大統領与党の民主党系は現在は1人が病欠中で57議席となり、最低でも共和党9議員の支持を取り付ける必要があるが、米メディアによると、21日までにこの数を確保した。

 新STARTは、米ロが配備する戦略核弾頭数の上限を1550発、ミサイルや爆撃機などの運搬手段の上限を800に制限し、互いの配備状況を査察することも定めた。今年4月、オバマ大統領とロシアのメドベージェフ大統領が署名、両国が今年中に批准することを目指してきた。


ニュース見出し