女川原発3号機、原子炉緊急停止 水素濃度が大幅上昇(朝日新聞2007年11月11日)

 東北電力は10日、運転再開に向けて原子炉の起動を始めた女川原子力発電所(宮城県)3号機で、タービンを通った水蒸気から放射性物質を取り除く気体廃棄物処理系の水素濃度が通常の10倍以上の5%に上昇したため、原子炉を緊急停止したと発表した。小規模な水素爆発が起きて配管が破れた可能性もあり、調査を始めた。外部への放射能漏れはないという。

 同社によると、同日午後0時11分、気体廃棄物処理系の除湿冷却器の出口部分で水素の濃度が通常の0.4%から警戒レベルを示す管理値2%を超え、さらに計器上限の5%まで上昇。配管の気体流量も4倍に上昇したという。3号機の緊急停止は02年に運転を開始して以来初めて。中部電力の浜岡原発(静岡県)で01年、配管内にたまった水素が爆発して破断する事故が起きている。


ニュース見出し