東電、原発緊急停止もみ消す 記録も改ざん 柏崎・福島(朝日新聞2007年3月1日)

 電力会社による発電所のデータ改ざん問題に絡み、新たに東京電力柏崎刈羽原発1号機(新潟県)と福島第二原発1号機(福島県)で、故障して原子炉が緊急停止したにもかかわらず、同社が法令で義務づけられた国への報告を怠っていたことが28日、経済産業省原子力安全・保安院などの調べでわかった。もみ消しは、いずれも発電所幹部の判断で行われ、運転日誌の記録が「安全に停止」と不正に書き換えられていた。同社の安全管理の姿勢が改めて問われそうだ。

 保安院などによると、緊急停止のもみ消しは、柏崎刈羽1号機では92年2月、福島第二1号機では85年11月に起きた。いずれも定期検査に入る準備のため原子炉の出力を下げて止めようとした際に、装置の故障から原子炉が緊急停止した。

 原子炉等規制法では、緊急停止した際に国への報告を義務づけている。しかし、東電は当時の通産省に報告せず、運転日誌の内容を「安全停止した」などと不正に書き換えるなどしていた。

 柏崎刈羽では発電所の部長、福島第二では副所長にまで報告が上がっており、いずれも現場幹部が判断していたという。

 柏崎刈羽1号機では、緊急停止のもみ消しがあった直後の定期検査で、緊急炉心冷却装置のポンプの故障を隠して検査に合格させていたことが、今年1月末に明らかになっている。

 このほか、柏崎刈羽7号機でも、01年に蒸気タービンの点検データを改ざんして国の定期検査に合格させていたこともわかった。

 東電は昨秋のデータ改ざん問題の発覚後、再調査してその結果を今年1月末に発表。その際に柏崎刈羽1号機の故障の偽装が明らかになった。保安院の追加調査の指示を受けて、東電は1日、一連の不正を盛り込んだ報告書を保安院に提出する。

浜岡原発の配管交換工事、部品取り違え(朝日新聞2007年3月1日)

 中部電力は28日、浜岡原発(静岡県御前崎市)3、4号機で、昨年行った窒素を供給する配管の取り換え工事の際、経済産業省に届け出た部品と異なる部品を使用していたと発表した。届け出と違う部品の使用は電気事業法に違反するため、同日、問題部分の使用を停止した。バックアップ用の系統を使って運転を続け、4月末までに正しい部品に交換する。

制御棒交換で事前検査受けず 東電、日立に偽装工作指示(朝日新聞2007年4月7日)

 発電施設におけるデータ改ざんなどの調査に関連して東京電力は6日、新たに福島第二原発4号機(福島県)の制御棒駆動装置で国の事前検査を受けず、それを隠すため原子炉メーカーの日立製作所に偽装を依頼した事例があったと発表した。また日立製作所は同日、北陸電力志賀(しか)原発1号機の臨界事故で、北陸電の担当者が日立の社員に原因の解析をこっそり依頼していたことを明らかにした。電力会社の偽装工作にメーカーもかかわっていたことが浮き彫りになった。

 東電によると、88年10月、福島第二4号機の定期検査中に185本ある制御棒の駆動装置の一つが故障した。そのため予備の装置に交換する際、装着前に受けるべき国の検査を受けなかった。

 それ以降の定期検査でこの事実を隠すため、担当者らは日立に故障した装置と同じ製造番号の装置を新たに作らせて交換するなどしていた。検査を受けなかった駆動装置二つは、その後に安全性を確認したが、現在も必要だった国の検査を受けないまま使われているという。

 この偽装工作は今年2月に東電が社員らの聞き取り調査をした際にはわからず、3月末に日立からの連絡で発覚した。東電の小森明生原子力運営管理部長は「定期検査がのびるのを心配してやったと思う」と話した。

 また、日立によると、志賀1号機で99年6月にあった臨界事故では、直後の夜中に北陸電力の担当者から日立の社員の自宅に電話連絡があり、「上司には内証で制御棒が落ちた原因を解析してほしい」との要請があった。解析結果は臨界状態だった。ただ、この社員は実際に臨界状態だったことについては知らされていなかったという。

 さらに東芝は6日、78年11月の東電福島第一原発3号機の臨界事故で、制御棒が脱落することに気づいていたが、社内で対策をとったのは87年以降だったと説明した。

松葉から微量の人工放射性物質 新潟・柏崎刈羽原発(朝日新聞2007年4月7日)

 東京電力は6日、新潟県の柏崎刈羽原子力発電所内の松の葉から、自然界にない微量の人工放射性物質を検出したと発表した。放射線量は法令で定める年間量の1万分の1で、東電は「周辺環境や人体に影響はない」としている。

 東電によると、3月10日に行った定期の環境モニタリング調査で、15地点のうち1地点から見つかった。物質は「マンガン54」「コバルト58」「コバルト60」で、検出量はそれぞれ、0.1ベクレル、0.1ベクレル、3.9ベクレル。放射線量の合計は0.0001ミリシーベルトで、人が受ける年間限度の1ミリシーベルトを大きく下回っている。

 東電は、発電所内の換気をする排気筒から計器で計測できないほどの微量の放射性物質が漏れていたとみている。


ニュース見出し