中部電力、東北電力も原発トラブル隠し 浜岡原発すべて停止へ (朝日新聞 2002年9月20日夕刊) 

 東京電力が原子力発電所で起きたトラブルを隠していた問題にからみ、中部電力でも浜岡 原発(静岡県浜岡町)でひび割れの兆候が見つかりながら、国に報告せずに修理するなどし ていたことがわかった。東電と同様の損傷隠しだった疑いがある。中電は兆候のあった3号 機を停止し、緊急点検する。問題が東電以外でも明らかになったことで、原発のトラブルをめ ぐる隠蔽(いんぺい)が全国に波及する可能性が出てきた。

 浜岡原発では昨年11月に1号機で配管が破断し、2号機も今年5月に余熱除去系の配管 からの水漏れで運転を止めた。4号機は今月4日から定期検査に入っている。中電は4基体 制となった93年9月以来初めて、全原発を止める異例の事態を迎えた。  中電によると、損傷の兆候がわかったのは3号機の8カ所と1号機の1カ所。再循環系の配 管でひび割れの兆候がみつかり、3号機の5カ所は修理していた。

 中電は東電のトラブル隠しを受けて今月3日、過去に不正がなかったかどうかを点検する 「評価・検討委員会」を設置。保安院の指示を受けて20日、内部調査の実施計画を公表する 予定だった。  東電の損傷隠しは当初29件とされていたが、再循環系配管で8件のひび割れ兆候を国に 報告しないまま交換するなどしていたことが明らかになっている。

東北電力も98年秋検査で発覚の傷の兆候、公表せず   

 東北電力女川原子力発電所(宮城県女川町、牡鹿町)の1号機でも、原子炉再循環系配 管に同様の傷の兆候が見つかっていた。98年秋の定期検査で確認後、「安全上の問題は ない。報告義務はなかった」として公表していなかった。1号機は8日から6カ月間の定期検 査のため運転停止中。


ニュース見出し