東電の福島原発、原子炉格納容器の試験データ偽装か トラブル隠し続報 (朝日新聞 2002年9月29日)

 東京電力の福島第一原発1号機(沸騰水型炉)で92年、原子炉格納容器の気密性を確かめる試験データが偽装さ れた可能性のあることが28日明らかになった。東京電力の内部調査で、これを示唆する記録資料が見つかった。格 納容器は核燃料を入れた圧力容器に損傷が起きても放射能を閉じこめる重要機器。偽装が事実とすれば、一連のト ラブル隠しを大きく上回る不祥事となる。

 東電は、これが計画だけで終わったのか実施したのかも含め、関係者の事情聴取を急いでいる。近く経済産業省原 子力安全・保安院に報告する。

 原子炉格納容器は原子炉圧力容器を囲む高さ30メートル余の巨大な鋼鉄製容器。重大な事故が起きても放射能 を外部に出さないように高い密閉度が求められ、漏洩(ろうえい)率を調べる気密試験は定期検査でも重要な項目とさ れている。

 東電によると、92年6月の定期検査の際、事前の社内テストでは漏れが大きく不安定な状態だったため、旧通産 省の検査官が立ち会う検査では、主蒸気隔離弁側から不足分の空気を送り込んで、1日あたりの漏洩率を調整した 疑いが浮上した。調査を始めたところ、空気注入で漏洩率を合格圏内の0・12%にする手順などを示した資料が、点 検を受注した日立製作所で保管されていることが分かった。

 東電は、日立側が単独でこうした偽装工作をした可能性は低く、発電所内の特定のグループを中心に組織的に実 施されたとみている。すでに関係者数人から事情を聴いているほか、日立にも調査を依頼した。  東電のある幹部は「対外的には原子炉で事故が起きても格納容器があるから安全だと説明してきた。本当なら一 連の不正をはるかに上回る責任が問われる」としている。

 国の定期検査で虚偽報告をしていた場合は、電気事業法違反に問われる可能性が強い。また、漏洩率は原子炉 等規制法に定めた保安規定で順守が求められている。合格が虚偽なら保安規定順守違反になり、国の運転停止処 分の対象になる。東電社内でも職員や幹部の処分に発展することは必至だ。

タービン架台にひび 82年に確認、報告せず 伊方原発、トラブル隠し続報 (朝日新聞 2002年9月27日)

 四国電力は26日、愛媛県伊方町の伊方原発1号機(加圧水型、56.6万キロワット)のタービン発電機のコンクリート架台で、アルカリ骨材反応が原因のひび割れが多数見つかっていた、と明らかにした。ひび割れは82年に確認されていたが、四国電力は安全性に問題な いとして運転を続け、県や国などへ報告していなかった。 アルカリ骨材反応が原発施設で見 つかるのは、極めて異例。

 ひび割れについて、経済産業省原子力安全・保安院は四国電力から事情を聴く方針。愛媛 県は27日、同原発1号機に立ち入り調査する。

 四国電力によると、架台は幅約15メートル、長さ約50メートル、高さ約19メートルの橋状 で、蒸気を受けて回転するタービンと発電機が上部に埋め込まれている。ひびは最大で幅約 3ミリ、長さ約5メートルのものもあり、架台の底を除き、全面に広がっているという。

 79年の定期検査の際、タービンと発電機のすき間が広がっているのが見つかった。82 年、ゆがみはコンクリート架台の変形が原因と見て調査を始め、コンクリートの一部を採取し て分析した結果、87年にアルカリ骨材反応が原因と判明した。だが、その後、2回の安全評 価で「問題ない」と判断した。その後の監視でも、ひびの数や範囲に変化はないという。

 今回は、原発に批判的な科学者らでつくる原子力資料情報室(東京)が「ひび割れが隠蔽(いんぺい)されているという内部告発を受けた」として発表したため、四電が明らかにした。

 記者会見した栗田昴副社長は「この10年ほどひびの大きさに変化はなく、安全上問題はない。隠していたわけではなく、内部告発で発覚ととらえられるのは残念だ」と述べた。今回 明らかになったひび割れについて、愛媛県は「四国電力との間の現在のとり決めでは、軽微 なものであっても県への報告義務がある」としている。

 伊方1号機は73年6月から建設が始まり、77年9月に運転を始めた。運転開始から30年 近くたった老朽化原発を今後も運転し続けていくため、資源エネルギー庁が96年4月に発表 した「高経年化に対する基本的な考え方」では、原発のコンクリート構造物の強度の低下の 原因の一つとしてアルカリ骨材反応を挙げている。今回のタービン発電機の架台は、「基本 的な考え方」が対象とする原子炉格納容器とは別の系統。

制御棒の配管、8割超の242本に損傷 福島第一原発 (朝日新聞 2002年9月25日)

 東京電力福島第一原発3号機で先月、制御棒を動かす配管に損傷が見つかった問題で、東電は25日、すべての 配管282本を調べた結果、約85%に当たる242本に損傷があったと発表した。このうち、ひびが進行して肉厚が3ミ リ以下になり、国の保安規定を満たさなくなった配管は16本あった。うち3本はひびが貫通していた。塩分が作用した 応力腐食割れとみられる。

 問題の配管は制御棒を水圧で動かすためのもので、ステンレス製。外径34ミリ、肉厚6.4ミリという。配管には塗 装がしてあり、これが被膜となったため、貫通しても水漏れはなかったという。東電によると、従来も1ミリ以下の深さ の「ひび」は見つかっていたが、肉厚が3ミリ以上あったため、報告していなかった。

 第一原発は1〜6号機まで、同様の材質の配管を使っている。また、第二原発1号機も一部、同じ材質といい、東電 は、3号機以外の配管も調べる予定。

 第一原発3号機は、プルサーマルの実施を予定していた。このトラブルで福島県は「プルサーマル以前の問題」とし て、原因究明と対策の徹底を求めているが、東電によると、検査結果が出たばかりで対策はこれからという。すべて の配管を交換するため、10月末までを予定していた定期検査は来年1月下旬までずれ込む見込みだ。

日本原電敦賀1号機 亀裂の兆候、国に報告せず (朝日新聞 2002年9月25日)

 福井県敦賀市の日本原子力発電・敦賀1号機(沸騰水型、35.7万キロワット)で、原子炉内部にあるシュラウド (炉心隔壁)に多数のひび割れの兆候がありながら国への報告を怠り、数年後に交換していたことが24日、関係者 の話で明らかになった。日本原電は25日、原子力安全・保安院や同県などに報告した。同原発では3、4号機の増 設計画があり、県は建設に同意しているが、今後、手続きが遅れる可能性が出てきた。

 関係者によると、94〜98年の4回の定期検査期間中の自主点検で水中カメラや超音波検査装置などでシュラウド の溶接周辺にひび割れの兆候を確認した。94年の定期検査では約50カ所見つかり、最長は457ミリで、深さでは1 2ミリが最高だった。その後3回の定期検査でも多数の兆候を見つけたが、日本原電は、安全評価を実施し「問題な し」として国に報告せず、そのまま運転を続けた。シュラウドの調査はゼネラル・エレクトリック・インターナショナル社 (GEII)が担当した。

 日本原電は99年8月から01年3月までの定期検査でシュラウドを新品と交換したが、「東電・福島第一原発2号機 で腐食による亀裂が見つかったことなどによる早めの予防保全対策」と説明していた。

 今回の未報告は東電のトラブル隠し問題を受け、国が指示した過去の自主点検記録調査の過程で見つかった。

 シュラウドを交換しているときに、土台部分(シュラウドサポート)で約300カ所の亀裂が見つかり、土台部分の一部 を切り取って補修する作業を実施、新しいシュラウドを取り付けた。古いシュラウドは現在、放射能を減衰させるため切 断されて施設内のプールに保管されている。

 敦賀1号機は、国内初の商業用軽水炉として70年3月に運転を始めた。10年中に運転を終了し、その後、廃炉作 業に入る。問題のシュラウドはGE社の設計。


ニュース見出し