福島第一原発91、92年定期検査で偽装と断定 東電トラブル隠し続報 (朝日新聞 2002年10月26日)

 福島第一原発1号機の格納容器の気密試験データ偽装疑惑で、東京電力は25日、91、92年の2回の定期検査の際、偽装工作があったと発表した。同日夜から同1号機を自主的に停止し、気密試験をする。報告を受けた経済産業省原子力安全・保安院は、一連のトラブル隠しの中でも極めて悪質とし、原子炉等規制法に基づき1年間の原子炉停止処分にする方針を決めた。

 運転停止処分では最長の1年間は、高速増殖原型炉「もんじゅ」のナトリウム漏れ事故をめぐる虚偽報告のときと同じだ。今回のトラブル隠しでは初の行政処分となる。

 原子炉の格納容器は圧力容器を囲む高さ30メートル余の巨大な鋼鉄製容器。東電によると、92年6月の記録では、漏洩(ろうえい)率が「0・12%」で、「0・35%以内」という基準内だった。しかし、偽装を裏付ける計算式を書いた手書きメモが、検査を請け負った日立製作所で見つかった。漏洩率が当初2%以上だったとして、基準内にするため0・145%に当たる量の空気を注入したことを示していた。

 両社の社員ら数人が中心になり、機器洗浄に使われる空気注入器を使い、格納容器内に通じる主蒸気隔離弁の試験用注入口から空気を入れたとみられる。別の弁の空気漏れを止めるため、配管に板を挟むこともしていた。日立製作所によると、東電と日立の担当者が協議し空気注入を決めた。板の挿入は「東電側に指示された」との証言もあった。

 93年には日立の提案で漏れのあった配管を交換、気密性はある程度改善されたという。偽装工作の詳細な状況や指示系統は引き続き、東電の社外弁護士でつくる調査団が調べる。


80年前後に放射能漏れ?示す文書 福島第1原発(朝日新聞 2002年10月24日)

 東京電力福島第一原発で80年前後、プルトニウムを含むとみられる放射性物質が排気筒から放出されていたことを示す文書があったと23日、大阪市の反原発団体が発表した。団体では、東電の社内文書だとしている。

 この団体は「美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会」(小山英之代表)。原発で働いていた人から送られてきた文書という。

 文書によると、福島第一原発の1、2号機共通の排気筒から79年〜81年、アルファ線を出す放射性物質が1立方センチあたり最大11ナノベクレル(ナノは10億分の1)放出された。原因は1号機の原子炉建屋内の汚染と考えられた。ほかの放射性物質も検出され、放出量のグラフや表も含まれる。

 小山代表は、アルファ線を出す物質は主に燃料棒の破損で漏れ出したプルトニウム239だとみている。国の指針に基づいて計算した結果、最悪の場合、敷地境界濃度が規制値の約8倍になると主張している。

 アルファ線は細胞などを壊す力が強いが、紙1枚で止まるほど透過力が弱い。アルファ線を出す物質が人間の体内に入ると危険だとされる。

 反原発団体が示した文書について、東京電力は「隠していたものではない。記されたデータをもとに国の指針に基づいて計算すると、敷地境界の放射能規制値の約4万分の1になる。市民団体の計算根拠は分からない」と反論。経済産業省原子力安全・保安院も「厳しく見積もっても規制値の100分の1以下」とみている。

 東電によると、80年前後は燃料損傷も多く、発電所内は今より汚染されていた。文書は、少しでも放出量を減らすために行っていた自主的活動の記録で、国への報告義務はなかったという。建屋内の汚染を含め、引き続き調査を進める。



ニュース見出し