保安院 柏崎刈羽3号と浜岡4号、当面は補修の必要なし 東電トラブル隠し続報 (朝日新聞 2003年1月20日)

 東京電力による原子力発電所のトラブル隠しをきっかけに停止したままの原子炉について、経済産業省原子力安全・保安院は、東電の柏崎刈羽3号機(新潟県)と中部電力浜岡4号機(静岡県)のシュラウドで見つかったひび割れはすぐに補修しなくても問題はないとの評価結果をまとめた。21日の総合資源エネルギー調査会・健全性評価委員会に報告し、審議を求める。

 個別の原子炉を対象にした初めての評価で、停止中原発への国としての技術面での「安全宣言」となる。これをうけ、両社は運転再開に向けた対応を地元と協議する方針だ。

 シュラウドは原子炉内の水の流れを仕切る炉心隔壁。一連のトラブル隠しで、溶接部分のひび割れの未報告が発覚するなど、計9基でひび割れがあるままとわかり、保安院は5年後のひび割れの状態を予測、報告するよう電力各社に求めていた。

 今回の評価結果は、その第1弾。柏崎刈羽3号はシュラウドの上から5番目にある「H6a溶接線」と7番目の「H7a溶接線」、浜岡4号は「H6a溶接線」のひび割れを点検した。その結果、H6a溶接線は、2基とも5年後も強度に問題がないことを確かめた。一方、H7aのひび割れは、5年後の安全性には問題はないものの、10年後でもひび割れが進む傾向にあるため、保安院は、適当な時期に補修を検討するよう求める方針を決めた。

 今後、両社は運転再開に向けた対応を地元と協議する。東電の場合、現在稼動中の原発を順次停止する予定で、再開合意がずれこめば、4月中旬には全17基が止まる恐れがある。冬場の電力需要に対応するため休止中の火力発電を稼働してしのいでいるが、夏場に向けて深刻な状況となる。

 シュラウドの損傷評価は、今後、東電の福島第一4号、同福島第二2〜4号、同柏崎刈羽1、2号、東北電力の女川1号(宮城県)についても実施される。

 
柏崎刈羽3号と浜岡4号、ひび割れのまま運転認める(朝日新聞 2003年1月21日)

 原発のトラブル隠しをきっかけに停止したままの原子炉について、総合資源エネルギー調査会(経済産業相の諮問機関)の健全性評価委員会は21日、経済産業省原子力安全・保安院から評価報告を受けた。新潟県の東京電力柏崎刈羽3号機と、静岡県の中部電力浜岡4号機は、シュラウド(炉心隔壁)のひび割れを補修しなくても5年間は運転を認めるという保安院の判断を承認した。ただ、資料不足などが指摘され、正式な了承は次回以降になった。

 保安院によると、2基とも、電気事業法にもとづく技術基準で定められた強度を5年後でも十分保っていると予測された。定期検査で確かめていくことを運転継続の条件にした。ただし、柏崎刈羽3号機の一部のひび割れは10年後も進展が止まらないため、将来は補修が必要としている。

 同評価委には新潟県の小林幹夫・原子力安全・資源対策課長も出席。全原発での点検や安全評価の徹底とともに、同委の検討結果などを国が責任をもって地元住民に説明するよう求めた。


ニュース見出し