福島の東電原発、運転再開に道筋 地元町村が条件付き要望書 (朝日新聞 2003年5月15日夕刊)

 東京電力の原発トラブル隠しで福島県内の原発10基がすべて止まっている問題で、原発がある双葉郡の8町村は15日、運転再開について会合を開き、「(全停止の)異常事態から一日も早く脱却することを期待する。安全は国が全責任を持ち、東電も再発防止に真摯(しんし)に取り組むこと」などとする要望書をまとめ、国と東電に渡した。安全の確約を条件に運転再開を認める姿勢を示したものだ。これで新潟県の柏崎刈羽原発6号機に続いて、福島県の原発も運転再開の道筋がついた。

 福島第二原発のある富岡町で開かれた会合には、東京電力の勝俣恒久社長、経済産業省原子力安全・保安院の佐々木宜彦院長が出席、要望書を受け、応じることを約束した。

 要望書を手渡した後、双葉地方エネルギー政策推進協議会長の岩本忠夫・双葉町長は「国が安全宣言を出したら、運転再開を拒む理由はなくなる。地域の雇用問題などからも、運転再開を望んでいる」と話した。

 一方、勝俣社長は「大変ありがたい。安全確保、再発防止を一つひとつ積み重ねることで道が開ける」と話し、地元の一定の理解を得られたとの認識を示した。佐々木院長も「要望は当然であり、誠意ある対応をしたい」と述べた。

 福島県や県議会は運転再開にまだ言及していないが、佐藤栄佐久知事が「地元住民の考えが一番大切」と地元重視の姿勢を示しているため、新たな問題が起きない限り、運転再開を拒むことはないとみられる。

 原発の検査は、準備が最も進んでいる福島第一原発6号機の検査終了が24日となっている。このため、実際に運転再開できるのは5月末か6月になりそうだ。

 ほかに7月中までに検査が終わる可能性があるのは、福島県内では第一原発3、4、5号機と第二原発1、3、4号機。ただ、再循環系配管の取り換えや炉心隔壁(シュラウド)のひびを削る作業が続いており、予定通り終了するかどうか分からない。


ニュース見出し