柏崎刈羽原発作業員、核燃料プールの水かぶる 中越沖地震時(朝日新聞2007年8月7日)

 新潟県中越沖地震で被災した東京電力柏崎刈羽原子力発電所は6日、発生時に1、6号機にいた複数の作業員が、揺れの影響で使用済み核燃料貯蔵プールからあふれ出た放射性物質を含んだ水を体に浴びていたと発表した。全身を覆う作業服などを着ていたため、人体に影響はないとしている。一方、4、6号機の原子炉圧力容器のふたを開ける装置でも油漏れが新たに見つかった。

 東電が、発生時に放射線管理区域にいた作業員817人を対象に聞き取り調査した。その結果、52人が使用済み核燃料貯蔵プールなどがある作業フロアにいた。1号機では、プールのそばで制御棒取り換え工事の準備作業をしていた男性作業員2人が、プールからあふれた水を上半身や下半身にかぶったという。

 1、5、6号機ではプールからあふれた水が作業フロアに広がり、それぞれ複数の作業員の足元までぬれた。すぐに退去して放射線量を測定したところ、いずれも法定値(1平方センチ当たり4ベクレル)を下回ったという。

 水をかぶった作業員はいずれも協力会社の社員で、病院などには行っていないという。

 一方、新たに油漏れが見つかったのは、「スタッドボルトテンショナー」と呼ばれる直径約8メートル、高さ約6メートル、重さ約40トンの円盤形の装置。原子炉の容器を開閉する際、天井クレーンで圧力容器の真上に運び、油圧で、容器のふたのボルトを締めたり、緩めたりするという。

 4号機の装置で約200リットル、6号機の装置で約24リットルの機械油がそれぞれ漏れていた。詳しい原因は分かっていないが、地震の揺れが影響したとみられている。

 東電は「装置を直さない限り、圧力容器のふたは開かない。今後の点検作業に影響が出るのは避けられない」としており、天井クレーンの破損に加え、さらに原子炉内の点検時期が遅れるのは確実な見通しだ。

IAEA、柏崎刈羽原発の調査を開始 9日までの4日間(朝日新聞2007年8月6日夕刊)

 新潟県中越沖地震で被害を受けた東京電力柏崎刈羽原子力発電所に6日午前、国際原子力機関(IAEA)の調査団(フィリップ・ジャメ調査団長=IAEA原子力施設安全部長)が入った。調査は9日までの4日間の予定で、7月16日の地震直後に微量の放射性物質を含んだ水や大気が外部に漏れた経緯や原子炉内に異常がないかを中心に確認していくとみられる。

柏崎刈羽原発に到着し、記者の質問に答えるIAEA調査団のフィリップ・ジャメ団長=6日午前9時30分、新潟県柏崎市で

 ジャメ団長はこの日、「初日なので、全体的に調べるつもり。国際社会が共有できる教訓を導き出すことにある」と目的などを語った。午前中にプラントの概要説明を受けた後、午後には変圧器火災現場など外観全体を見て回った。

 調査団は地震工学の専門家ら計6人。世界最大の原発の地震被害をありのままの状態で調べて、独自の調査報告書を世界に公表する意向。ただ、天井クレーンの損傷などで、原子炉内の核燃料の状態を直接確認することはできず、調査結果も限定的にならざるを得ないと見られている。

 今回の調査をめぐっては、政府は当初、早期の受け入れに難色を示していた。IAEAによる調査で安全が確認されれば、拡大する風評被害を食い止められると考える新潟県や柏崎市など地元の強い意向から、受け入れに転じていた。

 調査団は10日には、経済産業省原子力安全・保安院などと意見交換をする予定だ。


ニュース見出し