日本提案の核廃絶決議案、国連委が採択 米印は反対(朝日新聞2003年10月31日夕刊)

 軍縮と安全保障問題を協議する国連総会第1委員会は30日、日本政府が提案していた核廃絶決議案を賛成146、棄権16、反対2の圧倒的多数で採択した。米とインドは、決議案に包括的核実験禁止条約(CTBT)の早期発効や、核不拡散条約(NPT)の完全順守などが盛り込まれていることに反発して反対した。北朝鮮は棄権した。

 唯一の被爆国として核軍縮をめざす日本提出の決議案は「核兵器の全面廃絶への道程」のタイトルで、94年以来、10年連続の採択。今年は「大量破壊兵器拡散への懸念」や「NPT完全順守の必要性」などが新たに盛り込まれた。01年、02年も米とインドの2カ国だけが同様の理由で反対に回っている。

国連総会:核廃絶決議案を採択 第1委員会(毎日新聞2003年10月31日夕刊)

 【ニューヨーク高橋弘司】国連総会第1委員会(軍縮と国際安全保障委員会)は30日、日本政府が提案した核拡散防止条約(NPT)完全順守の必要性を強調するなどした核廃絶決議を146カ国の圧倒的賛成で採択した。名指しはしていないが、北朝鮮の核開発疑惑を踏まえた内容。核実験全面禁止条約(CTBT)に反対する米国など2カ国が反対、北朝鮮、中国、パキスタンなど16カ国が棄権した。

 決議は、核兵器の生産封じ込めにつながる兵器用核分裂性物質生産禁止条約(カットオフ条約)について、04年のできるだけ早期に交渉開始に向け特別委員会を設置することも明記した。


ニュース見出し