国連総会核廃絶決議案、過去最多の賛成で採択 米とインドは反対(朝日新聞2005年10月27日)

 広島・長崎の被爆60年にあたって核廃絶を訴える決議案が26日、軍縮・安全保障問題を協議する国連総会の第1委員会で、賛成166、棄権7、反 対2で採択された。反対したのは米国とインドだった。棄権7の中に中国と韓国が含まれてことを重視する必要がある。

  決議案は日本が提出していた。日本による核廃絶決議案は94年以来、毎年提出され、採択され続けてきたが、これまでの最多だった昨年の賛成 151カ国を15カ国上回った。

 昨年まで決議案を「生ぬるい」と批判して棄権していたブラジル、エジプト、スウェーデン、ニュージーランド、南アフリカなどの核廃絶を求める「新 アジェンダ連合」(NAC)の7カ国が今年は賛成に回ったほか、やはり昨年は棄権だったイランも賛成した。

  米国の反対は01年以来連続。棄権したのは中国、北朝鮮、イスラエル、パキスタン、ブータン、ミャンマー、キューバの7カ国だった。

新アジェンダ連合の決議案は、@1995年会議の原則と目的、また2000年会議の最終文書を再確認している、A核兵器の完全廃絶の「明確な約束」という 文言に触れています。新アジェンダ連合の決議案は、ブラジル・エジプト・アイルランド・メキシコ・ニュージーランド・南アフリカ・スウェーデンの7国が提 案しています。

 新アジェンダ連合決議案については、賛成144で、これには日本も含まれます。反対は5で、フランス、イギリス、アメリカの3核兵器国のほか、イ ンド、イスラエルという事実上の核兵器国が反対した。棄権は19です。


ニュース見出し