日本主導の国連総会核軍縮決議採択 賛成、過去最多173カ国(朝日新聞2005年11月3日夕刊)

 【ニューヨーク=松下佳世】国連総会は2日、本会議を開き、核兵器廃絶に向けて核軍縮を訴える日本主導の決議案を、173カ国の賛成で採択した。同様の決議の採択は15年連続で、賛成票は前回を3票上回り、過去最多を更新した。米国、北朝鮮、インド、イスラエルの4カ国が反対し、中国など6カ国が棄権した。

15年連続で核廃絶決議 国連総会第1委(産経ニュース 2008年10月29日) 


 【ニューヨーク=長戸雅子】国連総会第1委員会(軍縮)は28日、核兵器の全面廃絶をうたい、日本など58カ国が提出した決議案を賛成163、反対4、棄権6で採択した。採択は15年連続。賛成票は昨年より2票少なかった。

 決議案は7月の北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会合)で採択された宣言から「すべての核兵器国に透明性ある方法で削減を実施するよう要請する」との文言を新たに盛り込んだ。

 また、核不拡散条約(NPT)の普遍的な重要性を再確認、未締約国に同条約への加入を呼びかけるなどNPT体制順守の必要性を強調した。

 反対したのは米国、インド、北朝鮮、イスラエルの4カ国。昨年は棄権だったイスラエルが反対に回った。中国、イランは棄権した。一方で昨年棄権したフランスは決議案中の「核兵器国による核兵器削減の着実な進展を歓迎」の文言を評価し、賛成した。

 決議案は12月の総会本会議で採択される見通し。


ニュース見出し