核バンカーバスター断念 ブッシュ政権、開発費計上せず(朝日新聞2005年10月28日)

 テロ組織の地下司令部や生物・化学兵器の貯蔵施設の壊滅を目的に、高性能の地中貫通弾と小型核を組み合わせた新兵器「強力地中貫通型核」(核バンカーバスター)の開発を目指していたブッシュ米政権が同兵器の開発を事実上断念し、06会計年度(05年10月〜06年9月)の開発予算を計上しないことが26日、明らかになった。

 

 予算協議に当たったドメニチ上院議員(共和)のスタッフによると、ブッシュ政権内で「通常弾頭を使った開発に重点を置くべきだとの政策転換」があり、地中貫通型核の開発についてはエネルギー省が所管の開発予算400万ドル(約4億6000万円)を要求しないことを議会側に伝えた。このため、上下両院の合同委員会で同予算を計上しないことで合意したという。通常兵器を使った貫通弾の開発は国防総省予算で継続する。

 ブッシュ政権は、既存の小型核を使ったバンカーバスターの開発を進めてきたが、核不拡散の取り組みに反する点や、使用した場合、地表にも放射能汚染が広がる懸念などから議会側が反発していた。
   


ニュース見出し