米ロ首脳、核削減へ共同声明 新条約を年内締結(朝日新聞2009年4月2日)

  【ロンドン=望月洋嗣】オバマ米大統領とメドベージェフ・ロシア大統領が1日、オバマ政権発足後初となる首脳会談をロンドンで行った。核軍縮に一致して取り組むことを確認し、第1次戦略兵器削減条約(START1)が期限を迎える今年12月までに、後継条約を結ぶことなどを盛った二つの共同声明を発表した。ブッシュ前政権下で冷え切った両国関係を「リセット」し、停滞した核軍縮を再始動させる姿勢を明確にした。

 共同声明によると、米ロ両国は「戦略兵器の削減と保有数の制限に関する新たな包括的で法的拘束力のある合意」を今年12月までに結ぶことを目指し、二国間交渉の行程に合意。削減の水準は、12年までに戦略核弾頭の数を1700〜2200に減らすとしたモスクワ条約(02年)をさらに下回ることとし、オバマ氏が今年7月にロシアを訪問して、メドベージェフ大統領と進展状況を協議する。

 また、「米ロが冷戦の心理状態を超えて行動する」との認識で一致。アフガニスタンの安定と復興に向けた新たな協力▽イランに国際原子力機関(IAEA)への協力と核開発が平和目的であることの証明を要請▽北朝鮮をめぐる6者協議継続、朝鮮半島の非核化を支持しミサイル発射の自制を求めること、などでも合意した。

 会談後、オバマ氏は記者団に「建設的な対話を始めることができた。米ロ関係の新たな進展が今日始まった」と述べた。メドベージェフ大統領はロシアメディアに「米ロ間には意見の相違点より一致点が多い。両国関係の将来を楽観視している」と語った。

 両国関係は、ブッシュ前政権がミサイル防衛(MD)システムの欧州配備や北大西洋条約機構(NATO)の東方拡大など、ロシアが反対する政策を進めたことで悪化。昨年8月のロシアによるグルジア侵攻後は、「冷戦終結後最悪」と言われる水準に冷え込み、核軍縮条約の協議も停止していた。

これに対し、1月に発足したオバマ政権は、米ロ関係の「リセット」を提唱し、ロシア側も歓迎。クリントン米国務長官とラブロフ・ロシア外相が3月、START1に代わる新たな条約の年内締結を目指す方針で一致していた。

 オバマ政権がロシアとの関係修復を急ぐ背景には、米軍の増派などで力を注ぐアフガニスタン政策や、くすぶり続けるイランの核疑惑問題で、ロシアの協力を取り付けたいという事情がある。

 START1は、ソ連末期の91年7月に当時の米ソ両国が署名、94年12月に発効した。初めて核弾頭総数を各6千個に削減することを決めた。米ロは01年12月に完全履行を発表。今年12月に有効期限が切れる。

米ロ、協力合意幅広く 首脳会談対イラン・北朝鮮など(朝日新聞2009年4月2日)

[ロンドン=望月洋嗣] 冷え切った関係の「リセット」を掲げ、1日にロンドンで初会談に臨んだオバマ米大統領とメドベージェフ・ロシア大統領は、核軍縮交渉の再開とともに、アフガニスタン復興、イランや北朝鮮の核問題、経済危機、気侯変動など多岐にわたる課題で合意した。

新しい世代の指導者同士、広範な問題で両国が主導権を握る決意を示した会談について米政府高官は「互いの違いについても語り合い、とても率直なやりとりが行われた」と述べた。米政府の説明によると、オバマ氏はグルジア問題でロシアに異議を唱えたという。

また、両首脳が合意した核削減交渉の障壁になると指摘される米国の欧州へのミサイル防衛(MD)システム配備についても、意見の違いを認めつつ、MDでの相互協力の可能性を議論したという。

共同声明は冒頭で[両国は国際安全保障の強化で協力し、グローバルな課題に一致して対応する」と明記。両国は「核のない世界」の実現を目指し、国際原子力機関(IAEA)を軸とする核不拡散体制の強化での協力を約束し合った。オバマ氏は、米国が包括的核実験禁止条約(CTBT)を批准するよう努力す
ると確認した。

オバマ氏がメドベージェフ氏の協力を求めたイランの核開発疑惑では、イランが核を平和利用する権利を認めつつも、イランがIAEAの求める義務を履行し、外交プロセスで事態を解決するよう呼びかけることで一致した。北朝鮮の核開発疑惑でも6者協議の枠組みの継続を支持。北朝鮮が準備するミサイル発射については、懸念を表明するとともに北朝鮮政府に白制を求めた。

オバマ政権が米軍の増派を決めたアフガニスタンについては「安定、復興、開発に向けた国際社会の努力を促す協力のあり方を探る」ことで合意した。

核削減新条約の7月妥結目指す 米ロ首脳が初会談(中国新聞2009年4月2日)

 
 【ロンドン1日共同】オバマ米大統領とメドベージェフ・ロシア大統領がロンドンで1日、初の首脳会談を行った。両者は会談後に発表した核削減に関する共同声明で、今年12月に失効する第1次戦略兵器削減条約(START1)の後継となる新たな戦略核兵器削減条約の交渉を直ちに開始し、今年7月までの妥結を目指すと表明した。オバマ大統領は7月に訪ロすることも明らかにした。

 両大統領はまた、米ロ関係全般に関する別の共同声明も発表。北朝鮮が弾道ミサイルを発射すれば「地域の平和と安定を損ねる」として懸念を表明、国連安全保障理事会決議の順守と発射自制を北朝鮮に求めた。

 さらに双方は「冷戦の思考を超え、両国関係の新たなスタートを記す」用意を確認。ブッシュ前米政権下で冷却化した関係を克服した米ロ協調時代の幕開けを宣言した。

 これらの声明で双方は、2002年の戦略攻撃兵器削減条約(モスクワ条約)が定めた戦略核弾頭数の1700−2200個への削減を上回る削減レベルの核軍縮を目指すと表明。START1の経験で得られた検証措置を新条約にも含める方針を確認した。

 ロシアのメディアはオバマ大統領の7月初めのモスクワ訪問で、本格的な首脳同士の交渉が行われるとの見通しを伝えており、米ロはこの時までに核軍縮新条約に関する基本合意を目指す考えとみられる。

 イラン核問題では、外交的手段による解決を目指すことで一致。オバマ大統領は会談に先立つブラウン英首相との共同記者会見で、米ロは核軍縮と核不拡散の双方で「共通の利益」を有していると述べ、核分野での協力をロシアに呼び掛けた。

 その一方で両大統領は、東欧での米ミサイル防衛(MD)施設建設計画について「相違点が残っている」と認め、対立解消の可能性を探っていると指摘。MD問題が今後も米ロの主要な対立点となることをうかがわせた。オバマ政権高官は、ロシアのグルジア侵攻でも米ロ間の対立が埋まらなかったと述べた。

 双方はまた、オバマ政権が最優先課題の一つに掲げるアフガニスタン安定化での協力で一致。核兵器を含む大量破壊兵器不拡散や国際テロとの戦いでも協力強化を表明した。

米ロ共同声明の要旨(共同)

 
 オバマ米大統領とメドベージェフ・ロシア大統領が1日に発表した米ロ関係全般に関する「共同声明」の要旨は次の通り。

 一、両国は核兵器削減で世界に指導力を示し、核のない世界を目指す。

 一、(12月に失効する)第1次戦略兵器削減条約(START1)に代わる新たな条約で、戦略攻撃兵器の削減を目指す。交渉を直ちに開始し、結果を7月までに報告する。

 一、米ミサイル防衛(MD)の欧州配備で相違が残っているが、MD分野での新たな国際協力の可能性を協議した。

 一、大量破壊兵器の不拡散に向けた国際的体制を強化する。

 一、核テロに対する戦いで協力を深める。

 一、オバマ大統領が包括的核実験禁止条約(CTBT)の批准に取り組むことを確認した。

 一、アフガニスタン安定化に向け、両国が国際的努力を促進する。

 一、北朝鮮核問題の6カ国協議継続を支持。北朝鮮が弾道ミサイルを発射すれば地域の平和と安定を損なう。北朝鮮に自制と国連安全保障理事会決議の順守を求める。

 一、イラン核問題は、直接外交や安保理常任理事国とドイツなどによる包括的な外交的手段で解決を目指す。国連決議などを守るようイランに求める。

 一、昨年8月の軍事行動(グルジア紛争)に関して意見の相違があるが、平和的で継続的な解決に向け努力を続ける。

 一、両国の将来の会談では、テロや組織犯罪、麻薬など国境を越えた脅威についても議論する。

 一、ロシアができるだけ早く世界貿易機関(WTO)に加盟できるよう努力する。

 一、クリーンエネルギー技術開発で協力する。

 一、冷戦の思考を超え、両国関係の新たなスタートを記す。

 




ニュース見出し