米ロ首脳、戦略核の大幅削減表明 ともに3分の1以下に(毎日新聞11月16日)

ブッシュ米大統領とロシアのプーチン大統領は13日、ホワイトハウスで会談し、双方が戦 略核兵器を現有の3分の1以下の水準に削減する方針を表明した。停滞していた核軍縮は 戦略核の大幅削減に向け動き出すことになる。懸案のミサイル防衛(MD)問題での対立は 解けず、14日も協議を継続する。

ブッシュ氏は会談後の共同記者会見で、現有の約7千発の戦略核を今後10年で1700- 2200発に削減すると表明。プーチン氏は「われわれも同様の措置を取るつもりだ」と述べ、同調する意向を示した。

プーチン氏は記者会見で具体的な数字を示さなかったが、会談後に在米ロシア大使館で 演説し、「我々はきょう、戦略核を3分の1以下、戦略的均衡を保つのに必要最小限のレベルまで削減する野心的な計画を提案した」と明かした。ロシア側は昨年来、1500発以下への 削減を提唱している。

ただし、米側はあくまでも一方的な措置としての削減であることを強調。ロシア側は「信頼できる、検証可能な合意が必要だ」として、拘束力を持たせることを主張したため、最終的な 合意には至らなかった。


ニュース見出し