米、核テロにも備え ヨウ素剤160万人分を購入(朝日新聞 2002年1月4日夕刊)

 

米厚生省は3日、テロ組織が原子力発電所を破壊したり、放射性物質をまき散らす「汚い爆弾(ダーティー・ボム)」を使ったりした場合に備えて、放射性障害の一部を軽減するヨウ素 剤160万人分を購入したことを明らかにした。年内にさらに500万〜1000万人分を追加購入するという。

原発の放射性廃棄物に含まれる放射性ヨウ素が大気中にまき散らされると、呼吸や汚染された飲食物を通じて体内に取り込まれ甲状せんに蓄積、甲状せんがんや白血病などを引き起こす恐れがある。万一の場合にいち早くヨウ素剤を飲めば、薬の中のふつうのヨウ素が先に甲状せんにたまり、放射性ヨウ素の蓄積を防ぐ効果がある。

今回購入したのは成人100万人分と子ども60万人分。全米の複数の場所に保管され、核テロや原発事故といった緊急事態に備える。(16:27)


ニュース見出し