「ガルフウォーベイビー」  〜湾岸戦争の後遺症に悩むアメリカ〜
 N H K衛星@(1月25日)(しんぶん赤旗 1月30日)

帰還兵の子どもに奇形が多発 原因究明もとめる世論の前進伝える

 1991年1月の湾岸戦争(ガルフウォー)に参加したアメリカはじめ「多国籍軍」の兵士たちに発症している奇病が問題になりはじめたのは、あの戦争が終わって間もなくでした。
 疲労、激しい頭痛、記憶障害からがんまで。現在この症候群にかかっている人は、全米で10万人を超えているといわれます。
 やがて、戦場にいた兵士だけでなく、その配偶者、子どもにも原因不明の障害が異常な高率で発生していることがわかってきました。番組が伝えたセドリック君(5つ)とレアちゃん(同)らの姿、両親たちの苦しみは、湾岸戦争症候群の実態を改めてあばきだしました。
 セドリック君は左耳と左目が欠損、体の左側の機能がありません。生まれてからすでに10回も手術をし、今後も成長に合わせて少なくとも20回の手術が必要です。レアちゃんは下半身が完全にまひしており、3〜4時聞おきに尿を採取しなければなりません。
 この子たちの体の異常は、外見だけではなかなかわかりません。セドリック君は背骨が曲がり、心臓が右にあり、水頭症です。レアちゃんも水頭症で、定期的に頭の中にたまった水を腹腔(こう)にあけた穴から吸いだす必要があります。(新聞原稿のまま)
 その他、ゴールデンハー症候群と呼ばれる多臓器奇形から免疫不全、ダウン症、染色体異常などにいたるまで、たくさんの子どもに、目を覆いたくなるような障害、奇形が発生しています。

 これらの病気にかかる率は、普通は1/26000ですが、湾岸戦争帰還兵の子どもの場合は、わかっているかぎりで1/3600です。
 米国障害児協会のメクデチ会長は2年前、湾岸戦争帰還兵の子どもに先天性障害があらわれる割合が、4〜5年先には14%になると推定していました(「赤旗」96年3月16日付)。
 同協会が把握しているだけでも、ゴールデンハー症候群の発病率は普通1/20000(8万人にたいし4人)なのが、帰還兵の子どもの場合、8万人に18人、つまり4倍以上といいます。
 帰還兵の子どももふくめ、湾岸戦争症候群の原因には、神経ガス防御用に米軍兵士に強制投与された試薬ピリドステグミンと、防虫剤DEET、油田炎上や大量の石油流出による大規模環境汚染、など多様な要因、しかもそれらの「複合作用」が指摘されています。
 米軍当局はこれまで、一つの原因、一つの症状の関連の有無を問題にし、「科学的に因果関係を証明できない」として症候群そのものの存在を否定する手口をとってきました。
 しかし、番組にもあるように、軍と政府の責任を追及・究明する運動と世論が強まるにつれて、従来否定してきた原因、さまさまな要因の「複合作用」を認めざるをえなくなりつつあります。
 劣化ウランも重要な問題のひとつです。番組は国立退役軍人病院のデラコビック医師が昨年春、米軍の対戦車砲弾、戦車砲弾や戦車の装甲板に大量に使用されている劣化ウランが症候群の大きな原因とする研究結果を発表しようとして、解雇されたことを伝えています。
 この事実は逆に、米軍が湾岸戦争で初めて実戦に使用し、その「有効性」を確認した劣化ウラン兵器の影響の究明が、きわめて重要な課題になっていることを示しています。

 (外信部 渡辺豊記者)


ニュース見出し