ガイドライン関連法案に反対する集い 元従軍看護婦が集会(朝日新聞、1999年4月27日)


 元従軍看護婦らが呼びかけたガイドライン関連法案に反対する集いが26日、東京で開かれた。高齢の元看護婦さんたちが政治的な集会をするのは初めてだ。「若い看護婦さんは戦争のむごさを知らない。体験を伝えるのは私たちの責任です」と訴えた。
 元従軍看護婦たちは戦地慰労金を国に求め、20年前に「元従軍看護婦の会」を作った。会員約800人、平均年齢78歳。「超党派」を理由に政治的発言はしてこなかったが、「賛否とは別に、体験を伝える責任がある」と有志が集会を呼び掛けた。
 「危険なガイドライン法案を憂慮し、再び従軍看護婦をつくらない日赤看護婦のつどい」と題して集会は港区の日本赤十字社であり、約60人が参加した。
   ◇
 その一人、埼玉県鶴ケ島市の肥後喜久恵さんは「軍国乙女」だった当時を振り返った。「『正義の戦争』だと信じていた」。今と状況は違うけれど、国会論議を聞いているうちに、気持ちが重くなった。関連法案は、負傷した米兵の医療協力を想定している。
 「かつて、傷病兵の看護は『戦力保持、増強のため』と教えられた。目の前に患者がいれば看護する。でも、負傷兵の治療は戦争に協力することになる。私たちの体験を、若い人たちにさせたくない」
 長野県内の農家に生まれた肥後さんは、二人姉妹で、自分の家から「出征兵士」を送り出せないことで家族が肩身の狭い思いをしていたという。看護婦の道を選び、1944年3月、軍歌に送られて戦地へ。
 敗戦を中国で迎えた。日本人収容所では、前線から戻った日本兵を看護しようにも布も氷まくらもない。死にゆく兵士からシラミが離れて、まだ体温のある隣の兵士へ移っていった。
 中国解放軍の八路軍総司令部に連行され、内戦では仮設の兵たん病院を転々とした。「侵略戦争も解放戦争もない。戦争のむごさは同じ。命を守る看護婦の仕事は、平和な社会でなければ全うできない」
    ◇
 現役の看護婦たちは、初めて聞かされた先輩たちの話に考え込んだ。集いの準備にかかわった太田千枝子さん(52)は長野の病院にいたとき、五輪に協力する体験をしたことを思い出した。病院側の指示で、IOC委員が病気になったときを想定して、一般患者の来院を控えるようポスターを張ってお願いした。
 「五輪でそうだから、まして周辺事態では、協力要請があれば、患者さんに病院を移ってもらわなけれほならないかもしれない。戦争のために追い出すなんてできませんよ」
    ◇
全日赤労組などによると、かつて召集された看護婦は29562人で、死傷者は5832人。朝鮮戦争でも、米軍キャンプに日赤をはじめとして看護婦1000人以上が派遣されたという。


ニュース見出し