米原子力空母G・ワシントン、横須賀配備(朝日新聞 2008年9月25日夕刊)

 米原子力空母ジョージ・ワシントン(GW)が25日午前10時すぎ、神奈川県横須賀市の米海軍横須賀基地に配備された。1973年に米軍が日本に米空母を配備して以来、原子力空母の日本母港化は初めて。米軍は対テロ作戦などで太平洋重視を進めており、大幅な戦力増強が実現する。

 日本配備の米空母は、初代のミッドウェーから数えると4代目になる。

 GWの原子炉は2基で、加圧水型の軽水炉を備える。合計熱出力は美浜原発1号機(103万1千キロワット)に相当するが、地元対策などで課題が残る。

 GWは5月に乗員のたばこの不始末で大規模火災を起こし、入港が遅れていた。

     ◇

 〈空母ジョージ・ワシントン〉 全長約333メートル。幅約77メートル、満載排水量約9万7千トン。ニミッツ級空母として92年に就役した。航空機約70機を搭載し、乗員は航空要員を含め約5800人。30ノット(時速56キロ)以上の高速航行を持続できる。これまで米東海岸のノーフォーク基地(バージニア州)を母港とし、イラク南方監視作戦やアフガニスタンでの対テロ戦に従事した。

東京湾に原発が現れた…空母配備、不安ぬぐえぬ横須賀(朝日新聞 2008年9月25日夕刊)

 地元横須賀は、十分に不安をぬぐえないまま米原子力空母ジョージ・ワシントン(GW)を迎えることになった。米側が「原子力艦は一度も人体や環境に影響を及ぼす放射能を出したことはない」と安全を強調する一方で、軍事機密の原子炉構造だけでなく、トラブルなどの情報についても開示に消極的なことが背景にある。

 市民らは06年と今年に署名活動をし、配備の是非を問う住民投票を求める条例案が市議会に2度提出された。いずれも否決されたが、今春には有権者の約14%にあたる約4万9千人分が集まっている。

 国は基地周辺で放射線を測るモニタリングポストを4基から10基に増設。市も原子力災害に備え、甲状腺被曝(ひばく)を低減させる安定ヨウ素剤約30万錠を市内全域に備蓄するが、測定範囲が狭いなど、対策は十分と言い難い。

 市は昨年3月、米海軍と防災協定を結び、国を交えて原子力防災訓練を始めた。だが米側は「最悪でも防護措置が必要な範囲は基地内にとどまる」と主張。訓練は基地内に限られた。市は今年10月、基地外で独自の訓練をするという奇妙な現象も起きている。

 米原子力艦をめぐっては、原子力潜水艦ヒューストンが、横須賀、佐世保(長崎県)、ホワイトビーチ(沖縄県)の日本寄港中も含む2年間にわたり微量の放射能を漏らしていたことが8月に発覚したが、漏れた経緯や原因は明らかにされていない。GWの配備は東京湾に原発が出現するのと変わらない。住民の視点に沿った情報開示や防災対策が欠かせない。

原子力空母が横須賀配備 機密の壁、安全性に懸念 (中国新聞 2008年9月25日夕刊)

 米原子力空母ジョージ・ワシントン(約九七、〇〇〇トン)が二十五日午前、新たな母港となる神奈川県横須賀市の米海軍横須賀基地に入港した。横須賀を拠点とする空母は一九七三年のミッドウェー以来、四代目。原子力空母エンタープライズの長崎・佐世保基地への初寄港から四十年たち、原子力空母が初めて日本に配備されるという大きな節目を迎えた。

 動力源として二基の原子炉を搭載。米海軍は安全性を強調するが、同艦で火災が発生、さらに日本に寄港した原子力潜水艦の放射能漏れも相次いで発覚。「軍事機密」が壁となり、日本側が直接安全性を検証できず、懸念は解消されていない。

 入港後、岸壁で米海軍幹部のほか、日米両政府や地元の関係者らが出席し歓迎式典を開催。

 米海軍が保有する十隻の原子力空母のうち、米本土以外を母港とする唯一の艦で、東アジアからインド洋を担当する第七艦隊に所属。朝鮮半島や台湾有事に備えるほか、アフガニスタンや中東のイラクなど不安定な情勢が続く地域も視野に入れた活発な活動が予想される。

 当初、八月中旬に横須賀に配備される予定だったが、五月に発生した火災の修理のため延期されていた。火災は乗組員の規則に反した喫煙などが原因で、米海軍は七月末に当時の艦長と副艦長を同時に更迭する異例の対応を取った。

 原子力空母の日本への配備は米政府が〇五年十月に発表し、日本政府も受け入れを表明。二カ月後、米政府が横須賀を母港としていた通常型空母キティホークの後継としてジョージ・ワシントンを〇八年から配備すると公表した。当初、反対を表明していた横須賀市の蒲谷亮一かばや・りょういち市長は〇六年六月「通常型空母がなくなりやむを得ない」などとして一転、配備を容認した。

 

▽被爆国の思い風化懸念

 軍事ジャーナリスト前田哲男氏の話 四十年前に原子力空母エンタープライズが長崎・佐世保基地に初寄港した際は国論を二分する激論が交わされたが、ジョージ・ワシントンの横須賀基地配備は、まるで議論が深まらないまま容認され、隔世の感がある。被爆者や戦争体験者が社会の第一線から退いたことで、米軍の長年の宿願だった原子力空母の母港化を食い止めてきた被爆国の反核の思いが風化しつつあるとすれば重大だ。配備受け入れで、日本が米国の軍事戦略や戦争にどう巻き込まれていくのかなど、想像力と問題意識を次の世代にいかに引き継ぐかが課題だ。

米原子力空母:横須賀基地に入港 米本土以外へ初配備(毎日新聞 2008年9月25日夕刊)


 米海軍の原子力空母「ジョージ・ワシントン」が25日午前、米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)に入港した。原子力空母の米本土以外への配備は初めて。原子力事故の懸念から地元には根強い反対があるうえ、横須賀にも寄港した原子力潜水艦の放射能漏れ事故が8月に発覚し、米原子力艦の安全性への疑問が高まる中での入港となった。

 同艦は午前10時半すぎ基地内岸壁に着岸。乗組員の家族ら約2000人が星条旗を振って出迎えた。岸壁で開かれた記念式典で、シーファー駐日米大使は「アメリカの原子力艦隊の安全記録は(これまで事故がなく)汚点がない。今後もこれを続けていく」と安全性を強調した。

 同艦は5月、南米沖の太平洋上を航行中、乗組員のたばこの火の不始末から艦内火災が発生。修理のため配備が約1カ月遅れた。

 入港に合わせ市内では反対集会や抗議の海上デモもあった。配備に反対する市民団体は昨年と今年、配備の是非を問う住民投票条例制定を2度直接請求したが市議会で否決された。一方で、米軍と共存してきた歴史もあり、「やむを得ない」とする市民も少なくない。【吉田勝】

 【ことば】ジョージ・ワシントン 加圧水型原子炉2基を搭載する米海軍原子力空母。米海軍横須賀基地を約10年間、事実上の母港としてきた通常型空母「キティホーク」の後継艦。92年就役。全長約333メートル、排水量約9万7000トン。約80機の戦闘機や約5600人の乗組員を載せ、最高速度約30ノットで航行する。キティホーク退役を機に、米軍再編に伴う西太平洋地域の戦力増強などを目指し、日米両国が05年に配備について合意した。当初反対した横須賀市の蒲谷亮一市長は06年6月「安全性確保に前進があった」と容認に転じた。

米空母入港:不安とあきらめ 「軍都」横須賀、市民ら困惑

 「原発がやって来たようなもの。本当に安全なのか」。米原子力空母「ジョージ・ワシントン」が入港した25日午前、地元の神奈川県横須賀市では、米軍頼みの「安全性」への疑問から反対する市民らが抗議集会などを開いた。一方で、住民が「軍都」と呼ぶほど、基地と共に発展してきた街には、あきらめにも似たムードも広がる。

 配備先の米海軍横須賀基地に近い「うみかぜ公園」では、早朝から約300人が集まり配備阻止を訴えた。昨年と今年、計約8万6000人分の署名を集めて住民投票条例制定を直接請求した市民団体共同代表の呉東正彦弁護士も集会に参加。「ジョージ・ワシントンの艦内火災、原子力潜水艦の放射能漏れ事故で、市民の不安は一層高まっている。配備強行は断じて許せない」と話した。

 反対派は原子力事故の恐れや情報開示の遅れを指摘する。国や市が「安全」とする根拠は、米海軍側が示した「原子力軍艦の安全性に関するファクトシート」(06年)のみ。だが仮に事故が起きても、米軍から通報がなければ知るすべはなく、立ち入る権限もない。

 市中心部の京急横須賀中央駅前などでは、普段と同じように買い物客らが行き交った。同市の介護士、山本留美さん(30)は「反対デモで空母が来ることは知っていたが、今日とは知らなかった。自分たちが反対したところで変えることができるのかな」とあきらめ顔。出勤途中の同市の飲食店店員の男性(28)は「日本の安全を守る意味もあるが危険もあるので、賛成とも反対とも言えない。ただ事故は怖い」と足早に去った。【吉田勝、杉埜水脈】




ニュース見出し