原子力軍艦災害を明記 横須賀市と在日米海軍が防災協定(朝日新聞 2007年3月17日)

 神奈川県横須賀市の米海軍横須賀基地に、08年夏から日本で初めて原子力空母が配備されることを受け、横須賀市と在日米海軍司令部は16日、災害時に相互支援するための防災協定を結んだ。覚書に「軍艦(原子力軍艦を含む)を要因とするものを含む、あらゆる災害」と記し、原子力空母の事故も対象とすることになった。

 米海軍は「原子力災害は起きえない」との立場から、原子力艦船の事故を想定した協定をこれまで拒んでいたが、譲歩した。市は、原子力災害を前提にした防災訓練の共同実施も求めている。


ニュース見出し