国内原子力開発初の死者 臨界事故から83日目(朝日新聞 1999年12月22日)


JCO社員、大内久さんが受けた中性子線の大量被ばくは、現代医学が直面したことのない現象だった。大内さんと医療スタッフは、造血幹細胞の移植や、高度な集中治療など先進医学を駆使して、さまさまな障害と闘ってきた。しかし、生命の設計図であるDNAを直接傷つけ、細胞の再生能力を破壊する大量被ばくの壁は越えられなかった。(科学部・笹越 徹)


  「われわれは、どんな医師も見たことがない状態に直面している」。治療にあたった東京大学病院などの医療スタッフは次々に現れる症状をこう表現した。
 

 放射線は血をつくる造血幹細胞を狙い撃ちする性質をもつ。10月6、7日に親族の血液の中にある造血幹細胞を取り出して移植する「末しょう血幹細胞移植」が実施された。白血病治療の新しい手法として注目されているが、被ばく患者に実施されたのは世界で初めてだった。移植は成功し、10日ほどで白血球など重要な血球成分は回復を始めた。


 多くの医師が「被ばく線量は致死量の倍以上2週間の命」とみていたが、その時期は乗りきった。心配された小腸の表面の細胞が壊れて起こる出血は、当初、現れなかつた。医療スタッフの中にも「小腸の障害は乗り切ったのではないか」との見方があった。

 一方、呼吸機能は10月10日に一時悪化し、人工呼吸器をつけた。以後はずすことはできなかった。強い鎮静剤を使い、ほとんど意識がない状態が続いた。


  容体が大きく変化し始めたのは11月中旬。やけどの傷から大量の体液がしみ出し、止まらない。成分は血液の血しょうと似ていた。血管などの組織の膜が障害を受け、液体を保持できなくなったと分かった。
 

 輸液では、水分だけでなく電解質(イオン)、たんぱく質を含め、失われた成分を体内に送り込む。4時間ごとに量を調整するなど、高度かつ濃密な集中治療を続けた。やけどの皮膚がふさがらないことが、次第に大きな問題になった。皮膚科の医師は「皮膚の深いところにあって皮膚のもとになる細胞のDNAが破壊されてしまったのではないか」と指摘した。大内さんの血液細胞からは、ずたずたになった染色体が観察されていた。


 DNAの損傷、染色体の異常によって、細胞は分裂できずに死んだり、数回で止まったりする。やけどの水ふくれがはがれるとまた水ぶくれ、という状態が続いた。「後から皮膚障害が進行するのをまざまざと知つだ」と、スタッフの一人は述べた。あらゆる延命の努力は、DNAの損傷に阻まれ、現状維持すらできない状態に追い込まれていった。


 医学が進んだとはいっても、移植医療などわずかな例外を除けば、患者本人の治癒力・生命力を手助けするものでしかない。大内さんの死は、全身の大量被ばくが生命力そのものを回復不能なまでに削り取るという事実を示した。


 亡くなった大内久さんは 1983年、JCOの前身だった日本核燃料コンバージョン東海事業所に入社し、製造部門を中心に勤務してきた。主力の第一、第二工場を動かすメンバーだったが、昨年7月ごろから、スペシャルクルー(SC)と呼ばれる班に所属した。SCは、事故が起きた転換試験棟での作業に従事できる唯一の作業班だ。主力工場を動かす4つの班(各班6人)に属さず、構内の総合排水処理棟の排水処理が主な担当で、ほかの班に病欠者などが出た際の応援班でもあった。


 9月29日午後、大内さんは、SCの副長(59)と同僚(40)と計3人で、高速実験炉「常陽」用のウラン燃料加工作業にあたった。ゴム手袋にマスク。3人とも初めての作業だった。
 

 副長の指示に従い、大内さんと同僚は、バケツにウラン粉末と溶液を入れ、スプーンでかき混ぜた。国の許可を受けていない、会社の「裏マニュアル」に沿った作業だった。だが、その後、裏マニュアルにもない作業に入ってしまう。本来なら、溶液を「溶解塔」と呼ぶタンクに注入しなければならないが、大内さんらは「沈殿槽」というかくはん器のついたタンクに向かった。これも副長の指示だつた。
 

 沈殿槽にはハンドホールと呼ばれる保守点検用の穴が空いており、そこに漏斗を差し込んだ後、バケツからビーカーに移し替えた溶液を注き込んだ。


 午後4時。バケツ4杯分を注いだところで、作業を終えた。安全のため、JCOが定めた沈殿槽の上限値は2.4キロ。この時点で、沈殿槽にはこれをはるかに超え、臨界量の約8キロをも超過する9.2キロの溶液がたまっていた。その日、臨界事故が起きなかったのは、運が良かったに過ぎない。だが、大内さんも、指示を出した副長も、会社から臨界に対する教育を受けていなかった。臨界の危険性や意味さえも知らなかった。
 

 30日午前8時。3人は「危険」を全く感じないまま、前日と同じ作業を始めた。ウラン溶液を沈殿槽に入れる作業は、大内さんが漏斗を支え、同僚がビーカで注入していたとされている。
 

 副長が別室に向かった後の午前10時35分、昨日から合計でバケツ7杯目の溶液を注いでいる最中、臨界の「青い光」が走った。大内さんと同僚は、その場に倒れた。
 

 JCO幹部は事故直後、社員教育の不備を認めたろえで、「大内さんらは青い光が何なのかもわからなかったと思う」と話した。


ニュース見出し